2017年11月22日

CPAP 続編

たまに、機器の通信機能についてご質問があります。
メーカーにもよりますが
通常は、使用終了後、停止後、10分から〜1時間以内に、一晩ご使用されたデーターが、機器メーカーのサーバーに送られます。
これは、携帯電話の電波を使用していますので、まれに、住宅環境によっては使えないは合いがありますが、その場合は、従来と同じく、メモリーカードの回収で対応いたしますが、今まで、そのようなケースは当院ではありません。
ご使用後に、機器のコンセントを抜くと、送られなくなりますので、使用後もコンセントは抜かないようにして下さい。もし、抜かれても、次回使用時に送られるようになっていますので、ご安心ください。

そのデーターを、私たち医療関係者が、パソコンなどを使用して、ネット回線でサーバーに読みに行きます。遠隔モニタリングをしています。来院されない時でも。時々、患者さんの使用状況をチェックできます・かなり、便利です。
患者さんの健康保険でのご負担金額は従来機器と同じですが 機器代が高くなることにより医療機関の持ち出しが多くなり大変です(^_^;)

国内に居る限りは、データーが送られます。
GPS機能などはないので位置情報は送られません、どこで使われているのかが分かるわけではありませんのでご安心ください。
海外に持ち出す場合は、機内手荷物でお願いします。睡眠時無呼吸の治療器、CPAP と言えば、有名な治療器ですので。まず、怪しまれることはありません。電圧は240Vまでは器械が対応していますが、現地の電圧等を確認の上お使いください。海外での使用状況は、帰国後に電波がつながるようになると、海外での蓄積されたデーターが自動で送られます。
なお、国内でも飛行機移動の際は、精密機器ですので、手荷物として機内に持ち込んでください。

当院でも、新しい患者様は全員この機種を使用していますが、既存の方も、徐々に、変えて行こうと思っています。


なお、軽症や中等症で、CPAP治療の適応の無い方は、口腔内装具で対応します(OA治療)
当院の隣は歯科を併設しており、もちろんOA治療に手馴れております。なお、マウスピース作成で直接歯科に受診しても保険適応されませんので、まずは当院耳鼻科でご相談ください。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 12:18| 院長の『徒然日記』

2017年11月21日

CPAP 新機種

CPAP治療器械について


睡眠時無呼吸症候群の治療に、CPAP という治療があります

今までは、器械に差し込んであるSDカードを回収して、ご家庭での使用状況を、医療機関のパソコンで解析しておりました。皆さん、ご持参するのを忘れたりで、なかなかと大変でしたが。今回、データーが携帯電話の回線を利用したデーター通信装置が内蔵された器械が各社出てきております。当院も順次入れ替えようと思っています。これで、患者さんの手間も楽になると思われます。

新機種は、レスメド社のAirSense10レスポンドという器械となりますは、色々と進化しておりました。

先週、職員全員で、勉強会をしました。

なお、フィリップス社の機器も使用しておりますが、ドリームステーションと言いますが、これは、すでに通信機能付きの物を使用しております。

医療機械もクラウド対応してきていますね・・・・。

患者さんは従来と同じ料金で便利になりますが、問題点は、クラウド化しても診療報酬は同じで上がらないので(笑)、器械が高くなり経費が掛かり、医療機関などは金銭的な負担が増大すると言う問題があります。早い話、利益がなくなってきています(笑)。


1CPAP.JPGCPAP3.JPGCPAP2.JPG




【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 08:42| 院内勉強会

2017年11月20日

嗅覚について その1

耳鼻科は五感の中でも、聴覚、嗅覚、味覚 と大事な部分を扱う科でもあります。

以前、嗅覚についての講演を聞いたことがあります(理化学研究所の吉原良治先生のご講演でした)
魚は意外にも嗅覚は発達しているようです。
ゼブラフィッシュで実験しているようです。

確か、その講演では・・・・
ATP
(神経の再生を促す薬で難聴などの病気でも使います)を水面に滴下すると、魚が集まってくるようです。魚の嗅覚を刺激するようです。
プロスタグランジンなども、雌のフェロモン物質に近いようで、集まってくるようです
面白いですね。


以前から、玄関の外に置いてある水盤で飼っている金魚のエサやりで、不思議に思っていたことがあります。夜遅く、かなり暗い所で金魚に餌をやっても、金魚が寄ってきてパクリとエサを食べます。金魚は目が良いのかな〜と思ってましたが、これは、餌の匂いで集まってきていたようですね。謎が解けました()

でも、まぁ〜振動で寄っってくるのか、匂いなのか、実際の所は、当家の金魚に聞いてみないとわかりませんけど() あくまでも私の感じたまま書きました(実験したわけではありませんのでご了承ください)


いずれにせよ、人間の嗅覚でお困りの場合は、まずは、近くに耳鼻科に受診してみましょう。



【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

インフルエンザワクチン在庫:今週の週末、土曜が厳しいかもしれません。今日現在の所、在庫は問題ありません。今年は、ワクチン不足で、在庫確保に泣かされています(-_-;)
posted by 院長 at 08:47| 院長の『徒然日記』

2017年11月18日

年末年始のお知らせ

12月29日金曜は 午前中までの診療です

12月29日金曜・午後 〜1月4日木曜 休診となります。

ご理解ください。

なお、歯科のスケジュールは異なります、直接歯科にお問い合わせください。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

チョット。ブログの書き込みが続いています
出来るだけ、診療日は書きたいと思っていますが(^_^;)
三日坊主にならないように頑張ります・・・(笑)


posted by 院長 at 08:47| 院長の『徒然日記』

2017年11月17日

加熱式タバコ(電子タバコ等)による事故!

15日に続いての 加熱式タバコ(電子タバコ等)の話題です・・・続編

国民消費生活センターの発表によると、昨年4月以降に、少なくとも10件の乳幼児の加熱式タバコ(電子タバコ等)による誤飲事故が発生したと発表されています。
救急搬送の事例もあるようです。

従来の紙巻きたばこより短いので 乳幼児が誤飲しやすく、注意が必要です。
使用前の1本分には、ニコチン量は、乳幼児にとっては十分に中毒症状や嘔吐を引き起こす量が含まれているようです。

誤飲した場合は、すぐに大きな病院に受診することをお勧めします(開業医での対応は難しいと思われます)
水を飲ませると、ニコチンが早く溶けて危険なようで、水分を取らずにすぐに救急病院への受診が良いと思います。

色々と新しい問題が出てきますね・・・・・

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 08:49| 医療情報「全般」

2017年11月16日

インフルエンザ流行情報

10月30日(午後2時現在、健康福祉局把握分)に、小学校1施設で学級閉鎖の措置が実施されました。

名古屋市内の集団かぜによる措置の最新実施状況
措置日施設名学年・クラス在籍者数閉鎖時の患者数内欠席者数措置内容閉鎖期間
10月30日千種星ヶ丘小学校1年3組261010学級閉鎖

10月31日

から11月2日


これらは、名古屋市のHPで、「暮らしの情報」で随時、確認できます。

今年は気温が低いのと、ワクチン不足のせいか、10月下旬からはやり始めています、早めに予防注射を打ちましょう。

本日現在、当院では、インフルの在庫は十分あります。
9月23日 院長ブログに、ワクチン接種の実施の詳細と問診票のPDFを張り付けてあります。一枚目をプリントアウトして記載され、ご持参頂くと受付がスムーズです。

なお、現在、受付スタッフが一部の時間帯の不足と多忙で皆様にご迷惑おかけしております、初診の際には、ホームページの問診票(PDF)をダウンロードして記載してご持参頂けるとスムーズです。ご協力頂けると助かります。)

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 08:39| 院長の『徒然日記』

2017年11月15日

電子タバコ 等:呼吸器学会では推奨せず

 日本呼吸器学会は10月31日、「非燃焼・加熱式たばこや電子たばこに対する見解」を公式サイトで発表。新型たばこ(非燃焼・加熱式たばこ、電子たばこ)について、「従来の燃焼式たばこに比べてタール(たばこ煙中の有害物質のうちの粒子成分)が削減されているが、依存性物質であるニコチンやその他の有害物質を吸引する製品」であるとし、「使用者にとっても、受動喫煙させられる人にとっても、非燃焼・加熱式たばこや電子たばこは推奨できない」との見解を示した(メディカルトレビューン等の医療ニュースより)

 電子タバコも、安全性が検証されるまでは、通常の喫煙と同様に規制されるべきと思われます。特に、乳幼児や妊婦、呼吸器の病気のある方への受動喫煙が心配です。皆さんご注意下さい。
 当院でも、電子タバコが原因と思われる、咽喉頭の刺激感と咳で来院された患者さんがいました。電子タバコ中止することで症状は消失しました。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 15:00| 医療情報「全般」

2017年11月02日

インフルエンザワクチン在庫

 現在は、十分に在庫を確保しています、ご安心ください。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 19:03| インフォメーション

2017年10月29日

インフルエンザワクチン在庫

現在、インフルエンザワクチン在庫は、十分余裕があります。
接種可能です。
詳細は、ブログの9/23をご参照ください。

在庫数は変動することがあります欠品した場合はご了承ください。
【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 15:21| 院長の『徒然日記』

2017年10月22日

インフル在庫 セクソムニアについて

インフルエンザワクチン在庫、書き込みした現在は、あります。
接種の詳細は9/23のブログに書かれています、ご参考まで。

当院も、睡眠医療を扱っていますが、世界睡眠学会でこんな発表がありました。
ご参考までに転記します(メディカルトレビューン記事から抜粋)
この記事は極端な例ですが、通常の睡眠時無呼吸症候群は、昼間の眠気やいびきなどでお困りの場合は当院までご相談を。

以下セクソムニアの記事
 睡眠中にパートナーなどと性行為をしてしまう「Sexsomnia(セクソムニア、睡眠時性的行動症)」。日本ではまだ馴染みが薄い睡眠障害の1つだが、睡眠中に無意識にマスターベーションや性行為に及ぶなど、異常な性的行動を取るのが特徴だ。欧米では徐々に知見が集積され、本人の悩みやパートナーとの対人関係だけでなく,時に性犯罪につながる危険性をはらんでいる深刻な現状が浮き彫りになってきた。米・University of MinnesotaのCarlos H. Schenck氏は、セクソムニアとictal sexsomnia(発作性セクソムニア)に関する世界の症例報告をレビューし、世界睡眠会議(World Sleep 2017、10月7〜11日、プラハ)で、その実態と治療法について解説した。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|歯科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 15:43| 院長の『徒然日記』