2017年02月16日

イムノキャップラピッド・・・・・アレルギー検査

スギ花粉症の時期になりました
最近、採血せずに検査を希望される方(特に子供さん)がお見えになります
イムノキャップラビットと言う検査法があります
  特徴は
  *自由に抗原を選べない
  *精度も多少悪い
  *痛みがほとんどない(子供は感じませんが、大人は痛く感じます)
という特徴がありますが、採血を嫌がる子供さんには、許容される検査と思いますが、やはり採血するのが一番いいですね

手順をご紹介します(院長と職員の一人が検査を受けてみました!(^^)!)
検査時間は15分程度ですが、準備時間などを含めると30分程度かかりますので、あまり忙しい時には出来ない検査ですのでご了承ください。
@準備する資材
検査プレート、検体チップ(血を取る器具)、スポイト、絆創膏

IMG_0894.JPG


A指をつまんで、圧迫して、

IMG_0895.JPG



B専用器具で刺し、血液を絞り出します
 大人は少し痛みを感じます、大部分の子供さんは気にしていません

IMG_0896.JPG


C 血液をスポイトで吸い上げ、プレートに落とします

IMG_0898.JPG

D 試薬を準備します

IMG_0899.JPG

E試薬をたらし、判定を待ちます


IMG_0900.JPG


E左が院長の結果です  スギに反応
 右が職員で  スギ イネ科のカモガヤ に はっきりと反応が出ています、写真では見にくいですが ダニ にもうっすら反応しています。

IMG_0901.JPG


全行程、30分は必要です・・・・・

ここにある項目以外には検査は出来ません。
結果が数字で出るわけではないです
精度も採血検査(RASTなど)よりは劣ります
固定可能な小さな子供さんと、すぐに結果を知りたい方に向いていますが・・・・・
聞きわけが良い子供さんには、通常の検査(RASTなどの)をお勧めしていますが、ご希望の方はご相談ください

この検査に関しては、当院が忙しい時には実施できないことがありますのでご了承ください

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 21:02| 花粉情報「スギ、その他花粉」

2017年02月05日

花粉症

 スギ花粉が、微量ですが 飛び始めまています
敏感な方は、症状が出ます
ご注意下さい

花粉症患者さんにとっては、嫌な季節がやってきましたね〜〜

@スギの舌下免疫療法は、この時期は新たに開始することはできません(花粉が飛ばなくなったら、初めての方も治療開始できます)*
今まで、治療されている方は、中断せずに継続治療してください。新たに開始する時期ではないと言うだけです。なお、治療中の方で、この時期に特別な変化があればお知らせください。

Aダニ(ハウスダスト)鼻炎の舌下免疫療法は、時期には関係ありませんので、いつからでも開始できます。


*花粉の多い時期に新たに開始すると、過敏な反応が出る可能性が否定できないのがその理由です、花粉の飛散がなくなれば安心して開始できます。継続治療中の方は、特別な場合を除いて中断の必要はありません。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 13:03| 花粉情報「スギ、その他花粉」