2018年07月26日

熱中症予防に関する緊急提言を日本救急医学会が発表!

日本各地で、記録的な猛暑が続いています。723日には、埼玉県熊谷市で

国内の観測史上最高となる気温41.1度を記録。東京都青梅市でも40.8度を

観測し、東京都内では史上初めて40度を超えました。

このほか、岐阜県多治見市で40.7度、山梨県甲府市で40.3度など、

4地点で40度超えを記録しています。この日は、全国927の観測地点のうち、

627地点で30度以上の真夏日に、241地点で35度以上の猛暑日となりました。


この連日の暑さで、全国で熱中症に罹る人が急増。総務省消防庁の集計に

よると、716日〜22日までの1週間に、熱中症で病院に救急搬送された人は

全国で22647人(速報値)と、前週の9956人より12691人も増えて、

過去最多となりました。このうち、搬送時に死亡が確認された人は65人で、

前週の12人から53人も増加しています。


都道府県別搬送者数では、東京都が1979人と最も多く、次いで愛知県の1954人、

大阪府の1779人、埼玉県の1617人、兵庫県の1188人、千葉県の1030人と

続いています。また、搬送時の症状については、3週間以上の入院が必要な

重症が685人、入院が必要な中等症が7313人に上り、年齢別では65歳以上の

高齢者が1525人で46.5%、次いで18歳以上65歳未満の成人が8169人で36.1%、

7歳以上18歳未満の少年が3665人で16.2%を占めています。抵抗力の弱い

高齢者が多いのはもちろんですが、働き盛りの成人の割合が意外に多いと

いう点にも、注意が必要でしょう。


発生場所別でみると、住居が9462人で全体の41.8%を占め、ほかは道路が

2831人で12.5%、仕事場が2741人で12.1%などとなっています。

また、幼稚園や小中学校、高校、大学などの教育機関は2011人で、

全体の8.9%を占めています。これらの数字をみると、室内にいるからと

安心しないこと、仕事中や部活動、課外活動中の体調変化に細心の注意を

払うことなど、いくつかの注意すべきポイントが浮かび上がってくるでしょう。


連日の猛暑を受けて日本救急医学会は、学会として初となる「熱中症予防に

関する緊急提言」を20日に発表しています。提言の内容は、以下のようなもの。


1)暑さ指数(WBGT)を意識した生活を心がけ、運動や作業中止の適切な判断を!

2)水分をこまめに取ること。おかしいなと思ったらすぐ涼しい場所に誘導を!

3)適切な重症度判断と応急処置を。見守りつつ改善がなければすぐ医療機関へ!

4)周囲にいるもの同士が、お互いに注意をし合う!


特に、子どもや高齢者は熱中症になりやすいとして、「いつもと様子が違う」と

感じたら迅速に対応するよう求めています。また、「熱中症を疑ったときに

何をすべきか」といった応急処置のチェックシートや、重症度に応じた症状の

違いや治療法、救急搬送の判断なども、わかりやすく表にまとめられているので、

いざというときに参考にしていただけるのではないでしょうか。


気象庁の向こう1ヶ月の気象予報によると、沖縄・奄美地方は湿った気流の

影響を受けやすく、降水量が多く気温は低いものの、北日本から東日本、

西日本では暖かい空気に覆われやすく、気温は高いと予想されています。

猛暑が続いたとはいえ、まだ7月。夏本番の8月はこれからスタートするだけに、

これまで以上の熱中症対策が必要となるかもしれません。


地域のクリニックには、高齢者や小児など、熱中症を発症するリスクの高い

患者さんも多く訪れます。患者さんに合わせた熱中症対策のアドバイスなど、

地域住民の健康を支えるかかりつけ医の役割は、ますます重要となってくる

のではないでしょうか。


◆「熱中症予防に関する緊急提言」(日本救急医学会)

http://www.jaam.jp/html/info/2018/pdf/info-20180720.pdf


医療メディコムメルマガからの転載です

内容についての判断は各自自己責任でお願いします。責任は負いかねます。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】



posted by 院長 at 19:45| 医療情報「全般」

2018年07月24日

夏季休診について

夏季休診について・・・・

8月7日火曜〜8月15日水曜まで、夏季休診となります。ご理解お願いいたします。

(なお、歯科部門はスケジュールが異なりますので、歯科の夏休みは歯科にお問い合わせください


最近は、異常な暑さで熱中症の方が増えているようです。皆様、ご注意下さい。・・・と言われても、なかなか対策は難しいですね。プールの中でも熱中症は発生します。結局、あまり不要な外出は控えて、冷房の効いた部屋で、水分と電解質を取りながら過ごすのが一番の対策でしょうか。
当家の老人やイヌたちも、それぞれの居場所で、一日中冷房の中で頑張っております(笑)
犬は散歩にも行きたがりませんね〜〜、確かに肉球が火傷しそうな暑さですね・・・・2年後のオリンピックが心配です。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 19:08| インフォメーション

2018年07月17日

当院のホームページのセキュリティー強化作業について

皆さまに安心して当院のホームページをお使いいただけるように、2018年8月から、ホームページのセキュリテイー強化作業(SSLに)を、実施予定しています。


『当院ホームページは、情報セキュリティの観点から、近日中に「古いOS・ブラウザ」からホームページを閲覧できなくするよう、まもなく切り替え予定です。


 もし当院ホームページが閲覧できない場合は、ご利用の「OS・ブラウザ」の、バージョンが古い可能性がございます。

「古いOS・ブラウザ」は提供元からのサポートも終了している可能性があるため、お手数ですが新しい環境をご利用いただけますようよろしくお願いいたします。


※ホームページを閲覧できなくなる古いOSやブラウザ

 スマートフォン/Android 4.4以前、iOS 4以前の端末における標準ブラウザ環境

 パソコン/Internet Explorer 10以前のブラウザ、Mac OS 10.8以前の環境



当院URLについて。
8月より、SSL対応にすることで、http//・・・ から、https//・・・に変更されますが、元来 当院は頭を省略してありますので表示されていませんでしたが、「s」がついていなくても自動でついているアドレスに転送します。したがって、今までと同様にお使いいただいて問題はありません。ご安心ください。




【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 13:55| 院長の『徒然日記』

2018年07月07日

耳鼻咽喉科の休日救急

 名古屋市の救急医療のシステムは良く出来ています。
各区に休日救急診療所が、各区の医師会が運営しています。
耳鼻科や眼科でお困りの場合は、生命にかかわるような緊急事態でなければ、これも名古屋市医師会が運営している東区にある急病センターで、内科小児科だけでなく耳鼻科や眼科なども対応しています。入院が必要な患者さんの場合などは、当番の二次救急病院が引き受けます。特に、ここの内科小児科は、夜中も対応しています。
なお、緊急時は、各大学、日赤、等の大きな病院でも、ER(救急外来)が対応しますが、耳鼻科医がいるとは限りませんが何とか対応はしてくれると思いますが。
明日は、日曜なのに休日救急に出勤です(-_-;)
最近は、平日の休診日は、学校検診に出向くことが多く、まったく休日がありません(-_-;)
来週の水曜も、近くの小学校の耳鼻科検診です。
ある意味、連日、ボランティア精神で頑張っています。
あ〜〜今しばらく、老体にムチ打って(笑)頑張らないといけませんね〜〜〜〜休みが全くなく〜〜〜チョット辛い!

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 16:03| 院長の『徒然日記』

2018年07月03日

夏季休診のお知らせ

夏季休診について・・・・

8月7日火曜〜8月15日水曜まで、夏季休診となります。ご理解お願いいたします。

(なお、歯科部門はスケジュールが異なりますので、歯科の夏休みは歯科にお問い合わせください

そろそろ、梅雨明けでしょうか
でも、週末には天気が崩れそうですね
これからは、熱中症にご注意下さい、やはり、水分摂取、電解質の補給が重要でしょうね。
特に、幼児、高齢者、病気療養の方などは注意が必要です。
私の身内も高齢者がいますので注意しないと、頑張ってこの夏を乗り切らないといけません(笑)


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 14:26| 院長の『徒然日記』