2019年01月27日

スギ花粉情報(名古屋市内のフィールドワークにて) 


久々に、スギの木を、見に行って来ました
私の定点観測のスギが、名古屋市千種区内にあります
公園のようになってどなたも見ることが出来る場所です。少し足元が悪いのですが、逆に傾斜地なので、目の前に枝を見ることが出来ます。ただ、お墓も近く、昼の明るい時間帯に観測に行きます(笑)
名古屋市内に、他にも鶴舞公園などにスギの木はあるようですが、双眼鏡などで高い位置の木を観察する必要がありますが、ここは、傾斜地のせいで目の前に見えます。観測向きです。

今年の、愛知県のスギ花粉症予報は、予報機関により、かなり意見が別れています。

日本気象協会

https://tenki.jp/pollen/expectation/

愛知県は  前年比 昨年並み

      例年比(過去10年平均値) やや少ない


ウェザーニューズ花粉飛散傾向

https://weathernews.jp/s/topics/201810/010175/

愛知県は  前年比 500%以上

      例年比(過去10年平均値) 150


こんな感じですが、こうなると、実際の木を見てくるに限ります

まずは、北側から見たスギの枝を見た写真です
まだ、青い花芽(雄花)が見えます、雄花が花粉を造りますまだ、飛散はしていないようです、昨年より少し多いように見受けられます。(見にくいですが、枝の根元の方にある茶色い球状の物が雌花です)
スギIMG_1561.JPG スギIMG_1560.JPG

南側から見ますと、雄花は黄色く色づいてきています、今にも花粉が飛びそうです、気温や風の変化により多少なりともリークして飛んでいると思われます。花芽を叩くと飛びそうな雰囲気でした。私も花粉症ですので怖くてできませんでした(笑)
あくまでも私の印象ですが、南から見ると、昨年より、そこそこ多いように思いました。

スギIMG_1562.JPG

通常、花粉飛散日は、1月1日からの最高気温を積算して算出する機関が多いようです。
例 飛散温度(積算気温)が、400度と仮定します。最高気温8度が毎日続いたと仮定すると、1月1日から50日(2月19日)で飛散日となります。この方法は、ご自分で予想することも可能ですね。
気温以外にも降水など色々な要素も関係しているとも言われて各機関の工夫により予想されています。
飛散日とは、一平方センチに1個以上のスギ花粉が計測した日が2日間連続して発表となるようです。飛散開始は、実は飛散日より平均25日程度はさかのぼると言われています。したがって、今現在、微量に飛んでいます、敏感な方はもう反応していてもおかしくはないです。

飛散量予想は、前年夏の気温や降水量などを、各予報機関が独自の計算式で計算しています。
ウエザーニュースは、昨年が花粉の裏年とし、今年は表年になり飛散が多くなるとの予報が出ているのかもしれません。

松永クリニックのスギ花粉予報としては・・・・・・・・・(笑)
名古屋地域のフィールドワークを中心に考えると、「昨年比では、やや多い」「過去の平均の例年比では、平年並み強」と予想しました。 日本気象協会予報より多く、ウエザーニュース予報よりは少ないとなりました。
 「今年の名古屋は、昨年よりやや多く1.2〜1.5倍、まぁ、例年比では過去の平均並みかやや多い」との予想です
当たらなかったらごめんなさい
でも、この花粉の付き方は、決して少なくはないので、十分注意して下さい・

なお、花粉シーズンに突入した際には

ほぼリアルタイムに見ることが出来るのは(1時間以内で確認できます)

飛散量は、環境省の「はなこさん」という、サイトで確認できます

http://kafun.taiki.go.jp/index.aspx

中部地域を選択し

愛知県環境調査センター(確か、名古屋市北区にあったと思います)を選び

当日の時系列などを選べば 名古屋市の飛散量を見ることが出来ます

お出かけの参考にして下さい(レーザーで自動測定の為にスギとヒノキは区別できないようです)


PM2.5や黄砂や花粉など、嫌な季節がやってきました。

でも、花粉症の話が出ると、インフルは収束に向かうことが多いのですが、インフルの流行が早く収まると良いと思います。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 17:08| 花粉情報「スギ、その他花粉」

OAS(口腔アレルギー症候群)⇒ PFAS(花粉食物アレルギー症候群)の院内勉強会

 スギ花粉症の方がトマトを食べて口腔内が痒くなったりすることがまれにあります。

これらは
OAS(口腔アレルギー症候群)特に花粉症患者さんに見られるものを PFAS(花粉食物アレルギー症候群)と呼ばれるようになってきました。これらの院内勉強会を行いました。
口腔アレIMG_1558.JPG



スライドのように、かなりの方が該当するかもしれません、ご自分の生活を振り返り、もしかして・・・
と思われれば、耳鼻科などに受診することをお勧めします
ただ、根本的な対策は、それらを避けることですけど・・・一時的には、内服等で抑えることは可能です。

口腔アレIMG_1559.JPG

興味深く勉強しました(1月25日実施・・・記載が遅くなりました(^_^;))
弁当も美味しく頂きました

口腔アレIMG_1556.JPG 口腔アレIMG_1557.JPG

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】



posted by 院長 at 16:26| 院内勉強会

2019年01月25日

「お薬手帳」は誰の物?

 もちろん、患者さん自身の物ですが。
実は、これは、医療関係者全員が、患者さんの情報の共有する方法としては、非常に便利なものです。
これは、ご自宅にしまっておかずに、診療される際は必ず持参しましょう。
薬の飲み合わせや、病気の程度が推察できる場合もあります。
もしも、道端で倒れるようなことがあっても、この手帳を持っていると、どういう病気の方なのかすぐに判断ができ適切に対応で来ます。まさに、「命のノート」です(特に、高齢者の方などは、受診されない場合でも、持ち歩かれると良いと思います)。
したがって、結論としては、ある意味で、お薬手帳は、医療に係わる方全員の物です(笑)

最近、電子薬歴といったもので、手帳ではなくスマートフォンなどで持ち歩きも可能となていますが、これは、ご自分で管理するには良いのですが、これを医療機関にお持ちいただくのはお勧めしません。紙のノートならお預かりし、医療機関の中での受け渡し、医療関係者が閲覧、院内の移動も簡単で色々な関係者が閲覧可能ですが、スマホは、お預かりするわけにはいきません、お預かりした場合、破損したりするリスクもあり、個人情報も含まれているものでもあり、お預かりしても責任が持てません。また、ロックも掛かっているでしょうし。
さらに、もし、見知らぬ所で、倒れた時なども、他人が簡単に見ることも出来ません。
現状では、是非、紙のお薬手帳を、ご利用ご持参ください。
なお、医院によっては、院内で処方し、薬の手帳がない場合があります。その場合も、薬剤名などを記載した用紙を、ご自分で綴じておくと、お薬手帳の代わりになると思います。是非、やってみて下さい。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|歯科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 00:00| 院長の『徒然日記』

2019年01月23日

隣りの「中段公園」リニューアル

 当院の南隣には、歯科部門があります、その松永クリニック歯科の南隣には、中段公園があります。
最近、工事をしていました、中に入れませんでした。
今日、散歩中に見たら、工事も終わり、遊具がリニューアルし整備されていました、ブランコも、幼児用、子供用の、それぞれ別の場所に整備されていました。滑り台、砂場 もあり、子供さんの遊び場になりそうです。ごく普通の公園ですが、地域の子供さんには、利用しやすいですね。なお、トイレもあり、安心して遊べますね。
なお、公園からは松永クリニック歯科の看板が目の前に見えますよ(笑)

IMG_1548.JPG IMG_1546.JPG

IMG_1544.JPG IMG_1550.JPG

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|歯科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 00:00| 院長の『徒然日記』

2019年01月22日

インフルワクチン受けたのに、かかってしまった方へ!

当院の今年度のインフルエンザワクチン接種は昨年末で終了しました。

インフルエンザの予防注射は、10月〜12月初旬までに受けて下さい
以下の理由によります
 12月から流行し始めることが多くみられる
 ワクチン接種してから抗体が上がり効果が出始めるまで2〜3週間は必要
 ワクチンは季節商品の予約販売で、決まった量しか製造しません

なお、ワクチンを接種したのに掛かる人があります。
でも、ガッカリせずに、来年も受けて下さい。
これは、インフルエンザワクチンは重症化を予防するものであって、かからないことを目的としたものではありません。
もちろん、かかりにくくもなりますが、死亡例や入院例にならないようにする目的も重要となります。
かかっても、毎年受けましょう。
医療機関、介護施設の職員は、ほぼ全員、受けています。
介護施設の入所者なども、通常はほぼ全員、受けています。
皆が接種すれば、大きな流行も無くなる可能性がありますので。

当院でも、毎年全員が受けていますが、新人の職員は、インフルをもらってしまうことが、よくあります。
何年か当院に勤務するうちに毎年ワクチン接種を続けているせいか、長年勤めている方はかかりにくいようです。
根気よく、日常も手洗いなどで、予防しましょう。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 12:25| 院長の『徒然日記』

2019年01月19日

インフルエンザで治療中の方へのご注意

 学校、会社など、出校、出勤停止期間は、他人に感染させないようにする期間です。
この期間は、熱が下がったからと言って、外出したり、他の病気の治療に出かけたりするのは、絶対に辞めて下さい。
特に、歯科も含めて医療機関への来訪は、他の病気の弱っている患者さんや医療スタッフへの感染リスクを高めてしまい社会問題になります。ご自身の病状に不測の問題が発生しない限り、病院受診も控えて下さい。

*インフルエンザの安静期間(他人に移す危険性が高い期間)
  「発症後翌日から5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)経過するまで」

 実は、ウイルスはかなりの長い期間、体より排出されておりますので、1週間以上出ているとも言われています、社会的な影響もかんがみ、移す可能性の高い期間のみ制限し、以上の基準になっていますので十分注意して下さい。

症状により主治医が許可した場合や各学校や園や会社によって基準が異なる場合がありますので、主治医などによくご相談ください。特に会社の場合などは各会社の内規や状況によると思われます。
なお、インフルエンザの出校停止措置などは、法律により定められています(学校保健安全法施行規則第19条)。

現在、一部の抗インフルエンザ薬が品薄になっていますが、全ての薬がなくなることはないのでご安心ください。
  
【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 14:19| 院長の『徒然日記』

インフルエンザ 流行警報!

 国立感染症研究所は18日 流行情報を発表

一週間の報告で全国163万人が感染(これまでの患者数は300万人以上)
先週の3倍に増えた
都道府県では 患者数が最も多いのは 愛知県 熊本 岐阜 と続きます
入院例は、60才以上が、全体の64%

今がピークです
微熱やけん怠感だけで感染している例も多く認めます

不用不急の外出は控え、人ごみは注意しましょう

インフルエンザは、通常は、「内科・小児科」 の疾患です
怪しいと思えば、受診しましょう、なお、医療機関に受診時は、電話や受付などで、申告して下さい
(他の方に感染しないように別室や離れたスペースなどで待つことが多いです)

当院は耳鼻科、皮膚科ですので、緊急時には対応することはありますが、通常、インフルエンザには、十分な対応はいたしかねます。ご了解ください。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 08:51| 院長の『徒然日記』

2019年01月18日

花粉症が近づいてきました

 今日は、花粉症、特に目の症状で来院される方の、目のかゆみなどの目の症状についての勉強会を行いました。
抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)の点眼薬 、目の洗浄する点眼薬 などについての使い方等について討論しました。
美味しい(笑)弁当付きです。

今年の花粉症予想は、愛知県の場合は、昨年並みと予想する機関と、昨年よりかなり多いと予想する機関とがあります。
昨年の夏の暑さや日照時間などによって予想が変わってきます、また、スギの成長サイクルなどにも左右されることもあります。私は、名古屋市内に定点観測のスギを某公園でいつも観察しています、今年はまだ見に行っていません、私の予想はもう少しお待ちください。木を見れば、より正確に予想できます。


IMG_1541.JPG IMG_1543.JPG

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
続きを読む
posted by 院長 at 13:40| 院長の『徒然日記』

2019年01月01日

明けましておめでとうございます

 皆さん、今年もよろしくお願い申し上げます。
寒くなってきましたので、風邪などひかれないようにご注意下さい、また、インフルエンザが流行し始めました、予防に勤めましょう。
救急でお困りの場合は、名古屋市の場合は救急情報センターまでお問い合わせください。電話番号は052-263-1133です。

当院は、1月4日より 平常通りに診療いたしております。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


・インフルエンザワクチンの在庫はなくなりました、今年度の接種は終了いたします。
・歯科の予定は異なります、歯科に直接お問い合わせを。


posted by 院長 at 09:00| 院長の『徒然日記』