2019年04月12日

カモガヤ花粉症

 カモガヤはイネ科の花粉症の代表選手です。そろそろ、飛散し始めます。
カモガヤ花粉は、35〜50μm と、スギ花粉などより大きく、飛散する距離は比較的短く、近所にしか飛びません。せいぜい、数百メートルと言われています。したがって、草むら、土手など、雑草の多い場所に近寄らないというだけで、対策になります。 治療は、内服や点鼻薬による治療が中心となります。採血で、抗体を検査することも出来ます。
カモガヤ花粉症の方は、文献にもよりますが、スギ花粉症の方の30~50%存在するという記載が見られます。スギ・ヒノキの時期が終わっても安心は出来ません。
お困りの場合は、近くの耳鼻科に受診して下さいね。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 20:05| 花粉情報「スギ、その他花粉」

2019年04月11日

花粉症

 まだまだ、症状が出ている方もありますが、だいぶ、外来患者さんは少なくなってきました。
ヒノキ花粉、さらに、そろそろ、イネ科花粉(カモガヤなど)の方もチラホラお見えになっています。
スギ・ヒノキの方は、連休までは、ご注意下さい。
なお、イネ科の方は、梅雨入りまで調子悪いかもしれませんね・・・・

 先月のブログに記載しましたが、皇室の行事と、連休と、学会が重なり、長めの休みになってしまいますが、ご了承ください。

 私は、老人や孫の相手をしながら、近場でのんびりしようと思っています。
最近、急に、気温が下がる時もありますね、寒暖差があると風邪もひきやすくなります。
皆さまも、ご注意のほど、ご自愛ください。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 14:39| 院長の『徒然日記』