2017年08月26日

もう少しで「敬老の日」ですね

私も、歳を重ねてきましたが、我が家には、高齢の両親のジジババが、超元気で頑張っています。
最近は、敬老の日のお誘いや、参加確認の通知などが届く季節になりました。

両親ともに、90才を超えていますが、すこぶる元気です、ここまで来ると神様に選ばれし人なのかと、ふと思ってしまいます。特に、父は認知機能こそ落ちているものの、他に一切病気がありません。普通は、高齢になると、高血圧だの、糖尿とか何かあるのが普通なのですが、何もありません、ほんとうに選ばれし人です。面倒を見ている私たちは、気を付けないと、追い越されそうです(笑) 永遠不滅とはこのことでしょうか・・・・。
母も、血圧だ糖尿だと言いながら体調は驚くほど問題なく、リハビリにも積極的になり、元気一杯です。また、よくしゃべります、口うるさくて困ります・・・この間の饅頭が美味しかった買ってこいだの・・・・もう、うるさいな〜(笑)
私の方が、よほど、風邪をひきやすく、咳が・・・とか、騒いでいますが、ジジババは本当に元気です。

確かに、患者さんのお話を聞いていると、あまりに高齢になると、お孫さんが面倒見ているケースも多いです。それも、納得できますね。息子世代も還暦を超えると自分自身の体調管理が精いっぱいで、もう、対応できかねるようになります。社会的に問題になっている老々介護になって行きます。難しくなってくると、施設や、次の世代の出番ですね。まぁ、ある意味、幸せな方たちですわ。

世の中の、おじいちゃん、おばあちゃん、健康で長生きしましょうね。お祈りいたしております。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 15:23| 院長の『徒然日記』