2018年05月12日

西郷さんの逸話

医療関連のエッセイででこんな記事を見つけました

真意のほどは解りませんが、ちょっと興味深い話ですご参考までに

 (M3医療関連の投稿による、投稿医師はペンネーム表記で不明)


官軍の参謀を経て、ついには日本最初の陸軍大将となった西郷隆盛は馬に乗れる身分にもかかわらず、乗らなかった。
この美談、実は謙虚さ故だけではない。
西郷隆盛はリンパ管フィラリア症の陰嚢水腫であった。
恐らくバンクロフト糸状虫に感染していたと思われる。
このため騎乗が困難であった。

※蚊によって媒介されるフィラリアは、1954年の鹿児島県では住民1,400人余を対象にした検診で12.5%が陽性だったそうです。
現在の日本ではほぼ根絶されたそうですけど、世界にはまだ5億人以上がフィラリアに苦しんでいるそうです。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 08:48| 院長の『徒然日記』