2020年03月21日

院内の環境について

愛知県では新型コロナ感染症の拡大がニュースになっているのはご存知のことと思います。

昨日の専門家会議においても、換気の重要性を話していました。

現在、当院では、以下の対策を実施しております、ご了承ください。

当院では持続的に強めに換気をしている関係で、暖房の効きが悪く、室温が低い場合があります。
定期的に、院内の消毒を行っており消毒薬の匂いなど気になる場合があります。
職員はマスクでの対応となりますので、聞き取りにくい場合もあるかと思います。
待ち時間の短縮の為、耳鼻科の場合は、予約システムを利用されるか、ネットでの予約時にWEB問診をご利用ください。
院内に入られる場合は、必要ない付き添いの方は車の中や、玄関外などでお待ちください。
中待合室、診察室へは、混雑を減らしたいため、最低人数でお入り下さい。

発熱した患者さんへのお願い。
現在、資材不足で、鼻・咽頭(のど)から採取する検査(インフル、溶連菌、アデノ等)は実施できませんので、ご了承ください。
当院は、耳鼻科ですので、肺炎の診断などは出来ません。

私の知る範囲では、現在まで、外来の待合室で感染したという報告はないようです。
当院は、肺炎の診療はしていません。
ある程度の、院内感染対策を行っていますので、比較的、安心してご来院頂けるように努力しています。
なお、鼻水が出たり、咳が出るなど、場合は、エチケットとしてマスクなどをしてご来院下さい。
マスクのない場合は、ハンカチなどを口に当てるなどの工夫をして下さい。

当院にも、マスク、消毒薬等、ほとんど納品されません。
なんとか、在庫でしのいでいますが、せめて、医療機関などを優先してほしいものです。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】




posted by 院長 at 16:59| 院長の『徒然日記』