2014年03月07日

花粉症の患者さんが増えてきました!

 しばらく、色々と忙しく、ブログをさぼっていました。申し訳ありません<(_ _)>。

 先週より、スギ花粉の飛散数の増加が見られ、花粉症の患者さんが増えてきました。
スギ花粉は、まもなくピークを迎えるものと思われます。今月下旬以降には、ヒノキ花粉がピークを迎えます。戦後の日本に植林事業では、ヒノキがかなり植えられ、それらの木が壮年期になり沢山のヒノキ花粉を出すようになりました、したがって、これからはヒノキ花粉の方が期間も長く影響も大きくなるかもしれませんね。
 私は、スギ花粉しか抗体がないので、ヒノキは安心だわと思っている方がいれば、大きな間違いです。スギに反応する方はヒノキにも反応することが多いです、その逆もあります。スギとヒノキは仲間の木ですので、似通った抗原タンパク質を持っており、どちらにも反応することがあるからです。

 最近、子供さんの花粉症が増加しています。出来るだけ、外遊びを控えて、花粉の暴露を減らしましょう。花粉に接する機会が増えれば増えるほど抗体が上がり、将来の花粉症の悪化につながります。また、花粉症を放置して、鼻茸(ポリープ)や副鼻腔炎になっているケースも見られますので、耳鼻科に受診して確認してもらってくださいね。

 皆さん一般的な注意としてですが
1、マスク、花粉症メガネの使用
2、洗濯物や布団は外に干さないように
3、花粉予報に注意しながら、外出の計画を立ててください
4、外出時は、花粉の付着しにくい服装で(フリースやウールセーターは、ご法度ですぞ)
5、早めに医療機関を受診して、点鼻、点眼、内服を指示どおりにご使用ください

【 名古屋市名東区 | 松永クリニック | 耳鼻咽喉科 | 皮膚科 | アレルギー科 | 】
タグ:花粉症
posted by 院長 at 22:47| 花粉情報「スギ、その他花粉」