2019年04月11日

花粉症

 まだまだ、症状が出ている方もありますが、だいぶ、外来患者さんは少なくなってきました。
ヒノキ花粉、さらに、そろそろ、イネ科花粉(カモガヤなど)の方もチラホラお見えになっています。
スギ・ヒノキの方は、連休までは、ご注意下さい。
なお、イネ科の方は、梅雨入りまで調子悪いかもしれませんね・・・・

 先月のブログに記載しましたが、皇室の行事と、連休と、学会が重なり、長めの休みになってしまいますが、ご了承ください。

 私は、老人や孫の相手をしながら、近場でのんびりしようと思っています。
最近、急に、気温が下がる時もありますね、寒暖差があると風邪もひきやすくなります。
皆さまも、ご注意のほど、ご自愛ください。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 14:39| 院長の『徒然日記』

2019年03月29日

GWの診療について

皆さま、ご存知のように、今年のGWは超大型なります。
また、GW開けすぐに耳鼻科の学会もあり、以下のように長めの休診となりますがご了承ください。

4月28日日曜〜5月8日水曜まで休診

(4月27日土曜は平常通り診療)

なお、歯科のスケジュールは異なります、歯科の予定は松永クリニック歯科に直接お問い合わせください。


最近、診療所前の高速道路、路側帯に生えている樹木の上に「うぐいす」が生息しているようで、毎朝、ホ〜〜ホケキョ と、綺麗な声を聞かせてくれます。最近は、泣き声もかなり上手になりました(笑)
朝、早めに来院された方は、耳を澄ませて聞いて下さいね。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 20:08| 院長の『徒然日記』

2019年03月16日

ヒノキ花粉症

 そろそろ、スギ花粉のピークが終わり、ヒノキ花粉のピークを迎えつつあります
まだ、今後1ケ月は安心できません

今年の花粉は、前年より多く飛んでいるため症状がひどい方が多いです、ご注意下さい。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 08:47| 院長の『徒然日記』

2019年03月04日

スギ花粉が増えてきました

スギ花粉が大量に飛び始めました
今日は雨で飛散量は少ないと思われますが
明日以降、晴れると、大量に飛散しそうです、
そろそろ、ピークの時期を迎えつつあります
今年は、前評判通り、昨年より飛散量は多いように見受けられます、皆さまご注意下さい

私も花粉症ですが、治療しないと夜も眠れないほど酷くなります。
特に、子供さんの場合は、中耳炎、副鼻腔炎、上気道炎など他の病気に影響したりします、集中力も無くなりますし・・・
早めの治療が大事ですね

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 14:37| 院長の『徒然日記』

2019年02月26日

春が早いですね!

 スギ花粉もかなり飛び始めました。
診療所の梅の木(小さな植木鉢ですが)に、花が咲き誇っています
例年より早いですね
IMG_1573.JPG

皆さん、花粉症も早くやってきています
今年は、当たり年かも知れません
ご注意を

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 08:54| 院長の『徒然日記』

2019年02月21日

花粉症

そろそろ、花粉症の患者さんが増えてきました
3月初旬〜中旬にかけてスギ花粉のピークになると、外来も混み合ってきます
早めのご準備ください
また、3月下旬からはヒノキ花粉を迎えます
同様に早めの対応をお願いします

花粉だけではなく、黄砂やPM2.5など嫌な季節ですね
みなさん、症状が出る前からの 内服、点鼻、マスクなど対策心がけましょう

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】




posted by 院長 at 14:03| 院長の『徒然日記』

2019年01月25日

「お薬手帳」は誰の物?

 もちろん、患者さん自身の物ですが。
実は、これは、医療関係者全員が、患者さんの情報の共有する方法としては、非常に便利なものです。
これは、ご自宅にしまっておかずに、診療される際は必ず持参しましょう。
薬の飲み合わせや、病気の程度が推察できる場合もあります。
もしも、道端で倒れるようなことがあっても、この手帳を持っていると、どういう病気の方なのかすぐに判断ができ適切に対応で来ます。まさに、「命のノート」です(特に、高齢者の方などは、受診されない場合でも、持ち歩かれると良いと思います)。
したがって、結論としては、ある意味で、お薬手帳は、医療に係わる方全員の物です(笑)

最近、電子薬歴といったもので、手帳ではなくスマートフォンなどで持ち歩きも可能となていますが、これは、ご自分で管理するには良いのですが、これを医療機関にお持ちいただくのはお勧めしません。紙のノートならお預かりし、医療機関の中での受け渡し、医療関係者が閲覧、院内の移動も簡単で色々な関係者が閲覧可能ですが、スマホは、お預かりするわけにはいきません、お預かりした場合、破損したりするリスクもあり、個人情報も含まれているものでもあり、お預かりしても責任が持てません。また、ロックも掛かっているでしょうし。
さらに、もし、見知らぬ所で、倒れた時なども、他人が簡単に見ることも出来ません。
現状では、是非、紙のお薬手帳を、ご利用ご持参ください。
なお、医院によっては、院内で処方し、薬の手帳がない場合があります。その場合も、薬剤名などを記載した用紙を、ご自分で綴じておくと、お薬手帳の代わりになると思います。是非、やってみて下さい。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|歯科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 00:00| 院長の『徒然日記』

2019年01月23日

隣りの「中段公園」リニューアル

 当院の南隣には、歯科部門があります、その松永クリニック歯科の南隣には、中段公園があります。
最近、工事をしていました、中に入れませんでした。
今日、散歩中に見たら、工事も終わり、遊具がリニューアルし整備されていました、ブランコも、幼児用、子供用の、それぞれ別の場所に整備されていました。滑り台、砂場 もあり、子供さんの遊び場になりそうです。ごく普通の公園ですが、地域の子供さんには、利用しやすいですね。なお、トイレもあり、安心して遊べますね。
なお、公園からは松永クリニック歯科の看板が目の前に見えますよ(笑)

IMG_1548.JPG IMG_1546.JPG

IMG_1544.JPG IMG_1550.JPG

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|歯科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 00:00| 院長の『徒然日記』

2019年01月22日

インフルワクチン受けたのに、かかってしまった方へ!

当院の今年度のインフルエンザワクチン接種は昨年末で終了しました。

インフルエンザの予防注射は、10月〜12月初旬までに受けて下さい
以下の理由によります
 12月から流行し始めることが多くみられる
 ワクチン接種してから抗体が上がり効果が出始めるまで2〜3週間は必要
 ワクチンは季節商品の予約販売で、決まった量しか製造しません

なお、ワクチンを接種したのに掛かる人があります。
でも、ガッカリせずに、来年も受けて下さい。
これは、インフルエンザワクチンは重症化を予防するものであって、かからないことを目的としたものではありません。
もちろん、かかりにくくもなりますが、死亡例や入院例にならないようにする目的も重要となります。
かかっても、毎年受けましょう。
医療機関、介護施設の職員は、ほぼ全員、受けています。
介護施設の入所者なども、通常はほぼ全員、受けています。
皆が接種すれば、大きな流行も無くなる可能性がありますので。

当院でも、毎年全員が受けていますが、新人の職員は、インフルをもらってしまうことが、よくあります。
何年か当院に勤務するうちに毎年ワクチン接種を続けているせいか、長年勤めている方はかかりにくいようです。
根気よく、日常も手洗いなどで、予防しましょう。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 12:25| 院長の『徒然日記』

2019年01月19日

インフルエンザで治療中の方へのご注意

 学校、会社など、出校、出勤停止期間は、他人に感染させないようにする期間です。
この期間は、熱が下がったからと言って、外出したり、他の病気の治療に出かけたりするのは、絶対に辞めて下さい。
特に、歯科も含めて医療機関への来訪は、他の病気の弱っている患者さんや医療スタッフへの感染リスクを高めてしまい社会問題になります。ご自身の病状に不測の問題が発生しない限り、病院受診も控えて下さい。

*インフルエンザの安静期間(他人に移す危険性が高い期間)
  「発症後翌日から5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)経過するまで」

 実は、ウイルスはかなりの長い期間、体より排出されておりますので、1週間以上出ているとも言われています、社会的な影響もかんがみ、移す可能性の高い期間のみ制限し、以上の基準になっていますので十分注意して下さい。

症状により主治医が許可した場合や各学校や園や会社によって基準が異なる場合がありますので、主治医などによくご相談ください。特に会社の場合などは各会社の内規や状況によると思われます。
なお、インフルエンザの出校停止措置などは、法律により定められています(学校保健安全法施行規則第19条)。

現在、一部の抗インフルエンザ薬が品薄になっていますが、全ての薬がなくなることはないのでご安心ください。
  
【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 14:19| 院長の『徒然日記』