2018年02月20日

たばこのお話し その2

1日1本の喫煙でも、心血管リスクは大きいようです

University College Londonの Allan Hackshaw のBMJへの報告によると。
1日1本の喫煙者と、1日20本の喫煙者を比較されています
冠動脈疾患や脳卒中の、過剰相対リスクは、1日1本の喫煙者は1日20本の喫煙者の30〜60%になります。
単純計算だと、1本吸う方のリスクは、20本吸われる方の 1/20の5%のはずが、衝撃ですね。

この報告からは、中途半端な禁煙(喫煙数を減らす)では健康の為には不十分で、やはり完全禁煙が必要ということですね。

喫煙者の方には悪いニュースで申し訳ありませんが、医療機関としては禁煙をお勧めするしかありませんのでご理解ください。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 19:35| 院長の『徒然日記』

2018年02月19日

たばこのお話し その1

(電子タバコと近縁の関係)

たばこは、COPD、がん、心臓病、脳卒中、認知症、当女房など さまざまの病気の原因になる可能性があると言われています。

多少は害の少ないと言われる電子タバコに切り替える人もいますが、電子タバコも同様に有害との報告が出ています。
また、禁煙の成功率は、電子タバコを使用しなかった場合の約1/3と、禁煙成功率は格段に悪くなるという発表もあります。禁煙の為に安易に電子タバコを使用しない方が良さそうですね。

日本では、条件がそろえば、保険で禁煙治療が出来る場合があります、当院は行っていませんが、禁煙外来のある医療機関にご相談ください。禁煙の意思がある方は、健康保険がサポートしてくれるかもしれませんね。

2020年 東京オリンピックに向けて、IOCの勧告もあり国際公約的でもあり、日本も受動喫煙防止に積極的に取り込む必要がありそうですね。政府主導の飲食店の喫煙対策は、かなり骨抜きになってしまいましたが、テレビ取材でニュースに出ていた飲食店では、禁煙による売り上げ減を心配しているお店もありましたが、実際に全面禁煙にしたことで、女性のお客さんが増えた、売り上げが増加した、明るくなったと、歓迎している飲食店もあるようでした。従業員の健康面からも、喫煙室以外では、全面禁煙が望ましいでしょうね。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】



posted by 院長 at 14:46| 院長の『徒然日記』

2018年02月16日

「慢性上咽頭炎を治しなさい」 堀田 修先生執筆

本の紹介を兼ねて慢性上咽頭炎の上咽頭処置の話です。

上咽頭擦過療法という処置があります、私どもでは、簡潔に【上咽頭処置】と読んでいます。常々、色々な不定愁訴は上咽頭の慢性炎症が原因の場合が多々あると考えていました。実は、この上咽頭処置は、耳鼻咽喉科にとっては、とっても昔からある処置です。若い先生たちは、ご存じない方法かもしれません()。したがって、古くて新しい治療ですね。

やり方は、それほど難しくはないです。脱脂綿を巻いた道具に塩化亜鉛の溶液を付け、口腔内から咽頭を擦過するものです。上咽頭をグリグリとこすります。鼻から入れる方法もありますが、咽喉から実施する方が有効です。塩化亜鉛をおもに用いますが、ルゴールという薬品と両方使う場合もあります。意外にも「のどグリグリ」は、色々な不定愁訴に有効な場合がありますね。ご興味ある方は読んでみて下さいね。

巻末に、この治療を、実施している全国の医療機関が記載されています。当院も、もちろん記載されています()


上咽頭炎.JPG


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|歯科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 08:21| 院長の『徒然日記』

2018年02月14日

花粉症…始まりましたね!

 先週から、ぼちぼち花粉症の患者さんが、来院され始めました。

1、症状出現前や症状の軽いうちに、来院される方が中心です
   季節前投与と言って、そろそろ危ないという時期に、治療開始するとシーズンを快適に過ごせます

火事で例えれば、大火事になって燃え盛っての消火作業はなかなか大変ですが、火の用心やボヤの時に消火するのはたやすいことです。それと同様に考えて下さい。悪化する前に、受診されるのが、こつですね。

2、今年のスギ・ヒノキ花粉の飛ぶ量は、この数年で一番多いかもしれません。当たり年と思われますので、早めの対策が必要ですね。早い時期だと外来も空いていますし、良いことだらけです(笑)。

3、体質を変えてしまう、根本的に治療する免疫療法があります。今は、舌下で飲み薬となり治療が楽になりましたが、あらたにこの治療を始める場合は、シーズン後になります。したがって、初めて舌下免疫療法を希望される場合には、ゴールデンウイークを過ぎて花粉症の症状がなくなってからの開始となります。血液検査などの、治療の準備はいつでも出来ますので、ご希望の方は準備だけでもしておくといいと思います。

4、花粉飛散日がまもなく発表されますが、基準以上で発表となりますので、その基準以下では飛んでいても発表されません。したがって、敏感な方は、飛散開始前から症状が出ます。近くに、敏感な方が居ると、受診の目安になって良いですね(笑)

もう、春ですね〜〜
花粉症の話が出るころになると、インフルエンザの流行もそろそろ終わりになると思います
今年の冬は厳しかったですね
常勤職員、身内の老人たちも含めて、私の周りは、インフルになった人も出ずに、平和に暮らせました

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 11:29| 院長の『徒然日記』

2018年02月01日

寒いです・・・・トホホですね(^_^;)

 2月に入りましたが、相変わらず、インフルエンザは流行しているようで、内科小児科はものすごく忙しいようです。以外にも、当院は暇です。やはり、熱が出る場合やぐったりされる場合は、内科小児科が優先されますので仕方ないですけど(笑)

幸い、当院の職員、当家の家族 みんなインフルにならずに、健康で生活しています。
 今年の、寒さは厳しいですね〜〜体調管理に注意下さい。氷点下対策、水道の凍結などに疲れ果てています。

また、今夜から雪があるかもしれないと天気予報が言ってました。みなさん、ご注意下さい。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 14:30| 院長の『徒然日記』

2018年01月13日

アーモンドでコレステロールが下がる?

世界には色々な医療報告が聞かれます
以下、医療のニュース情報ですが
アーモンドで悪玉コレステロールが下がるようです
どの程度かはわかりかねますが、なにごとも、多すぎるのも良くないですから、適度に摂取しましょうね

「アーモンドの摂取によるLDLコレステロール(LDL-C)の低下、アーモンドとチョコレート・カカオの同時摂取による小型高密度LDL-CsdLDL-C)の低下が示された」とJ Am Heart Assoc20171129日オンライン版)で報告した。

ところで、話題からは離れますが、アーモンドの花は綺麗ですね、何処かで見たことがあります
サクラのような風情がありました

ぼちぼち、インフルエンザの流行が散見されます、ご注意下さい
私も、多少風邪気味ですが、職員や家族はおかげさまで元気です。私が一番疲れているのでしょうか(笑)
最近、自分自身は風邪の引き初めに葛根湯を服用しています
初期症状にはそれなりに効果ありますよ(明らかな風邪症状になるとあまり効かないようですが)
ごく初期症状(引いた気がする程度ですよ)には、お試しあれ!

今日も講演会があります、夜に出かけます
毎週末、勉強会や講演会で忙しい日々です(笑)

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 08:51| 院長の『徒然日記』

2018年01月09日

体内時計は二つある

みなさま、
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

私たち家族全員、何とか風邪も引かず平穏に過ごしております、ありがたいことです。皆さまもご自愛くださいね。

今年最初のお話は、体内時計について・・・・・


体内時計は二つある(概日リズム)

@1個は脳の視床下部 視交叉上核 近辺にあり、朝の光で、24時間の周期にリセットされる。

両目の光の情報が集まる視交叉の近くにあるということが理にかなっていますね。

Aもう一つは 他の脳部位 心臓 血管 肝臓 皮膚 など末梢組織に存在

  @から情報をもらって調節・・・・オーケストラだと指揮者のようなもの

  末梢時計もそれぞれのリズムがある・・・・各楽器のようなもの


不眠症などで体内時計が狂うと体調がおかしくなります

睡眠覚醒リズムの調整が大事になります

朝の光に浴びることは重要となります。ご自分の生活スタイルを改善しましょうね。

夜勤の方はそのように行かないこともありますね。

睡眠覚醒リズムを整える薬に、睡眠ホルモンというのがあります メラトニンという物質です、睡眠導入剤ではなく比較的安全です。保険で処方できる薬です。思い当たる場合は、主治医にご相談を。


以上はどこかの講演で聞きかじった話ですご了承ください。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|歯科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 13:42| 院長の『徒然日記』

2017年12月26日

年末年始の診療について

12月29日午前は、耳鼻科、皮膚科ともに診療
「12月29日金曜(午後)〜1月4日木曜まで」 休診いたします

なお、他はいつもと同様で
水、日、祝 休診
土曜は午前中のみです


年末年始は、帰省もあり、感染症が日本全国にばらまかれる時期でもあります。
特に、乳幼児、高齢者の方は、感染症に弱く注意が必要です
そろそろ、インフルも流行期に入っています、ご注意下さい。
今年は、ワクチンが品薄で、なかなか納品されませんでした。現在、すでに当院の例年発注予約枠を超えており、今後の納品が見込めませんので、当院ではインフルワクチンの接種は、現在、終了しています。ご了承ください。
このような事態にも備え、今後は、10月11月に接種されることをお勧めします。

本年も残りわずかとなってきました。良いお年をお迎えください。皆さまもご自愛くださいね!

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
歯科部門はスケジュールが異なります、ご注意下さい。歯科に直接お問い合わせください。


posted by 院長 at 08:53| 院長の『徒然日記』

2017年12月24日

「おなら」のまじめなお話(笑)

今回はちょっと、コーヒーブレイクと行きましょう〜〜まじめな「おなら」の話()


おならは、

以前は、空気を飲み込んでおならになると言われていましたが、どうも、全てが、そうでもないようです。

おならは、腸内細菌の代謝によるガスと思われています


炭水化物(糖質 食物繊維)などは、乳酸菌などの善玉菌で分解されるために、水素やメタンガスなどあまり匂いの無いガスが出ます


タンパク質が匂いに関係しているようで、ウェルシュ菌などの悪玉菌によって、硫化水素などの匂いのあるガスが出るようです。焼肉などの後には、臭いおならが出るかもしれませんね()


病気や体調によって腸内細菌が変化すると、おならの匂いも変わりそうです()


糖尿病の治療に用いるαグルコシダーゼ阻害薬は、おならが出やすくなる方があります。

この薬は、2糖類から単糖類に分解するのを阻止する薬です。単糖類でないと体には吸収されませんので、2糖類のまま小腸から大腸に流れて行きます、大腸で糖類は増え二糖類が分解されますので水素やメタンなど匂いの無いガスが発生することになりますが、この薬により、おならは増えますね(個人差はあるでしょうけど)。また、便が柔らかくなる方もあるようです。ガスが増えすぎると、ガスが腸に貯まり、詰まる場合もあるので、お腹の手術をされた方などは注意が必要ですので主治医とよくご相談くださいね。
なお、この薬は、ゆっくりと吸収されることを目的としていますので、総カロリーは変わらないようですので、痩せるわけではありませんので(笑)

お食事の直前でこのブログをご覧になられた方、ごめんなさい(^_^;)
【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 16:53| 院長の『徒然日記』

2017年12月18日

インフルワクチン接種

今年のインフルエンザワクチン接種は、在庫切れの為に、本日終了しました。今年はワクチンの生産量が少ないなか、今まで在庫確保に努め、ほとんど欠品せずに何とか実施してきましたが、今後の納品が見込めませんので終了となります。ご了承ください。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 18:57| 院長の『徒然日記』