2020年05月30日

ネブライザーの安全性について

 以前、日本環境感染学会から、コロナウイルス感染対策のエアロゾルが発生しやすい状況としてネブライザー療法が挙げられていましたが、ここで述べているネブライザー治療とは、肺炎の治療中に行われる(酸素テントなど)ものであり、耳鼻咽喉科で使用するような薬剤投与に用いるネブライザーは該当しないと、明記されています。
一般では、その指針により少し誤解が生まれました。耳鼻科で行うネブライザー治療と混同され、耳鼻科のネブライザ一治療が憂慮されるとの誤解が生まれました。

患者さんより、たまにご質問がありますので、記載しますが
 日本環境感染学会(5/7ガイドライン)、日本耳鼻咽喉科医会(5/27指針)において述べられているように
 「耳鼻咽喉科でのネブライザー治療は、新型コロナウイルス感染症の原因にはならず、安全です」

当院では、ネブライザー治療について一部の患者様は制限していましたが、現在は、学会指針により通常通り実施しています。
@当院のネブライザー治療を行う場所は、2方向、大きく外部の窓に接しており十分な自然換気が行われています。さらに、真上に換気扇を設置してあり、強力に換気も行っています
A治療の椅子の数を少なくし、隣の方との間隔を確保しています。
B定期的にネブライザー回路を消毒し、余分な薬剤は廃棄しています。

ご安心ください。

耳鼻科の治療もかなり正常化してきましたが、まだ、一部の処置などは制限されていますが、徐々に通常に戻ると思われます。



posted by 院長 at 19:18| 医療情報「全般」

2020年04月28日

電話によるお薬の処方

電話でのお薬の処方について

通達により、しばらくの間、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、当院で定期的に通院され、いつも同じお薬を飲まれている方などは、お電話によるお薬の処方(処方箋の発行)が可能となりました。当方で状況が予想できる期間(原則、2週間程度分まで)の処方となります。薬によっては、通達により処方出来ない薬があります。また、最近来院がない場合も処方できない場合があります。

電話でお受けし、現在の症状などを確認後に、事前に処方箋を発行し、窓口にお越しいただき、保険証確認、会計後すぐに処方箋をお渡しするという段取りになります(院内の滞在時間はわずかとなりますが、保険証、医療証など変更があれば、変更手続きのために少しお待ちいただきます)。

詳しくは受付時間内にお電話にてお問い合わせください。

ただ、最近は予約枠も少なくし、来院数も少なくしてあり、混雑することはあまりないので、来院されても、ご心配ないと思われます。ご本人が、来院され診察されれば、病状によりますが、ながめに処方は可能となります。



posted by 院長 at 17:04| 医療情報「全般」

2020年04月04日

最近わかってきたこと

もちろん 新型コロナウイルス肺炎 関連ですが
2日WHO等の発表です(昨日の夕刊にも一部掲載されていましたが)

1、感染していても無症状の人からの感染例は少ない。
   これは、朗報です。症状が出ている方だけしっかり対策すればいいことになります。」
   例外もあるでしょうから、気を緩めてはいけません。
   自分を含めて誰でも感染したり、させたりすることがあると思って行動しましょう。
   やはり、発熱や咳のある方からの感染が多いと言うことですね。
2、ウイルスが付いているドアノブや手すりなどに触れた手で、鼻や目を触ると感染リスクがある。
   やはり、手指消毒が必須ですね。当院は定期的に消毒しています。
3、発症して3日間が最もたくさんのウイルスを出すようです(鼻やのどから)咳やくしゃみは注意ですよ。
   そのような方はマスクが必須です。
   風邪や喘息、花粉症でも同じ症状になりますから、他人に感染させないと言う観点から皆さんマスクをするに越したことはありません。

4、潜伏期間は平均5~6日 稀に14日超えることもあるようです

以上から、感染流行の主な原因は、発症者が感染させてしまうということですね。やはり、症状の出た方の対策を中心にやって行けば良いのでしょうね。

当院では、感染が拡大した現在では、全員の方に、マスクを付けることをお願いしています。
お手数ですが、診察室でもマスクを付けて下さい。
鼻や咽喉の処置の時のみ外して頂きますが、耳処置などはマスク付けての診察は可能です。

現状の対策
 @手指消毒液の玄関への設置・・・ご自由にお使いください
 A強力な換気・・・室内が寒くなったら花粉が浸入する場合がありますがご了承を
 Bドアノブ、カウンター、家具などの、定期的なアルコール消毒しています
 C院内では、患者様も職員も、全ての方にマスクの使用をお願いしています。
      (お持ちでない場合は鼻や口に、タオルやハンカチなどを当てる等工夫して下さい。)
 D感染防止の観点と資材不足もあり、学会の提言で鼻咽頭の一部の検査処置が出来なくなっています

なお、当院は耳鼻科・皮膚科診療所であり「新型コロナウイルス肺炎」の診療はできません。
ご了承ください。

日本でも、都市部は、感染病棟のある病院は戦争状態です、感染病棟の医療関係者のは、感染しているスタッフもかなりあり、疲弊しています。政府や行政の助けも当てにできない状態です。国会は何をしているのでしょうね。

身近の医療関係者を助ける意味でも、皆さん、週末は、人混みを避け、おうちなどで過ごしましょうね。


マスクも消毒薬もフェイスシールド等の防護用品、どこに行っちゃったんでしょうね。まだまだ、開業医は購入できません。
マスクは少量、政府から配給されるようですが、当院の職員数なら1週間ぐらいで使ってしまう数のようですが。それでも、今となっては、ありがたいです。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 15:27| 医療情報「全般」

2020年03月11日

新しい内視鏡に更新

 当院では、医療機械を、定期的に、最新の器械に更新しています。
今回は、耳鼻咽喉科用の内視鏡を最新のものに更新しました。
モニター、台などの一部の周辺機器は従来の物を用いますが、
電子内視鏡とそのプロセッサーは、最新の器械に更新しました。
従来より電子スコープを使用しており、小児も使用可能な、かなり細い内視鏡を使用していましたが
今回、さらに細く、より明るくなり、診断精度も上がり、患者さんもさらに楽になると思われます
内視鏡の先端部の直径は2mm程度しかありません、苦痛なく検査出来ると思います
消毒も、従来より2種類の薬液を用いて洗浄、消毒し、内視鏡自動洗浄機を用いており、院内感染対策に勤めています。

内視鏡2020IMG_0154.jpg


話は変わりますが

@マスクについては、一般の方はWHOが述べているように予防効果としては限定的ですが、医療機関内では日本プライマリー連合学会の今日発表された指針では、院内での医療従事者のマスク使用を推奨しておりました。医療従事者の健康を守るためと、皆様に安心な気持ちになって頂くためにも、当分の間、職員はマスクでの対応をさせて頂きます、ご了承ください。
A当院は、耳鼻科、皮膚科の医療機関です。現在は、耳鼻科は花粉症、副鼻腔炎、慢性の疾患の患者さん、皮膚科はアトピー等の一般の慢性皮膚疾患の方が中心ですので、肺炎等の方は治療していません、安心してご来院下さい。
B最近、耳鼻咽喉科の受診では、WEB問診を導入しております、院内での待ち時間短縮のためにも、予約画面からご利用ください。事前に症状をご記入して頂くと、受付での待ち時間も短くなる可能性が高く、スムーズです。
なお、皮膚科は従来通り用紙に書いていただくの問診となります
C院内感染予防のために、子供さんのおもちゃ等は当分撤去いたします。院内は、定期的にアルコール等で消毒しています。
D出入りの際は、玄関わきに設置してあるアルコール手指消毒をご利用ください。

今年は花粉量も昨年よりは少ないようで比較的落ち着いています、子供たちも引きこもっているせいか体調も良好なようで、外来は空いています、
また、安心して来院頂ける環境を整えております。
ご安心ください。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

続きを読む
posted by 院長 at 19:15| 医療情報「全般」

2019年09月28日

インフルエンザワクチン接種のご案内

10日(月曜)より耳鼻科診療時間内に随時接種いたします。

  (なお、ワクチンの予約は不要ですが、耳鼻科の診察の順番をお取りください)

13才未満の方は2回接種  13才以上は1回接種

*海外渡航、受験、医療機関、介護施設勤務など特別なケースでは2回接種も可能です

*料金は1回 税込3500

65才以上の名古屋市民の方は、税込1500円(1015日から適応)


健保連の補助券は使用可能です、ご利用ください

今年は流行が早く、愛知県でも9月にもかかわらず数校の学級閉鎖が出ております、早く流行しそうです。早めに接種して下さい。

以下に問診票のPDFを添付します。お手数おかけしますが、可能な方は問診票(ご持参は1ページ目のみで可能)をダウンロード、プリントアウトされ、事前に記載して頂くと、待ち時間も短くなる可能性もありスムーズです。なお、2ページ目の注意事項を熟読お願いいたします。ご質問は受付まで。


インフルエンザ問診票.PDF



例年、年内希望者のほぼ全員の方に接種させて頂いていますが、ワクチンの生産量には限りがあります。例年、年末にはワクチン不足が発生します、在庫量は十分確保しているつもりですが、社会情勢により当院の在庫がなくなれば終了となります、ご了承ください。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 14:11| 医療情報「全般」

インフルエンザ「極めて異例」まだ9月なのに患者急増

 インフルエンザの患者が増え始めている。厚生労働省は20日、9月15日までの1週間に報告された患者数が1医療機関当たり1・17人で、流行の目安となる1人を超えたと発表した。特に沖縄県が50・79人と多く、ただ、沖縄以外でも例年に比べて患者は多く、警戒を強めている。
 発表によると、全国約5000の医療機関から、この1週間に報告があった患者数は5738人と、前年同期の約9倍だった。沖縄以外の都道府県では、長崎2・60人、大分1・57人、佐賀1・56人など九州で多い。このほか山梨0・98人、東京0・95人、千葉0・94人なども目立つ。 インフルエンザは例年、12月頃、流行入りする。インフルエンザに詳しいけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「この時期に患者が増えることは極めて異例で、今後の動向を注視する必要がある。症状が出た場合は早めに医療機関を受診してほしい」と話している。

読売新聞のニュースからその内容を抜粋いたしました。


名古屋市内でも、9月に学級閉鎖が見られた区もあり、例年より早く流行し始めました。皆さん、注意して下さい。早めの予防接種がお勧めです。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 13:58| 医療情報「全般」

2018年12月20日

インフルエンザ 流行期に突入

 愛知県でもインフルエンザが流行し始めました。
ご注意下さい。

インフルエンザ予防について・・・・室内編

ウイルスは比較的乾燥に強いことが知られています。また、乾燥状態が続くと、のどや気管支は防御機能が低下するため、インフルエンザウイルスによる感染が起こりやすくなります。そのため、適正な湿度(概ね相対湿度40%以上)を保つことが重要だと言われています。夏のような高温多湿に持って行けば感染が起こりにくいと言うことになりますが(笑)、そこまで、極端にしなくても、せめて、湿度コントロールをしましょう。40%を切らないように、理想は50%以上でしょうか! 室内温度と外気の大きな温度差があるのも問題ですが、また、家庭内での、各部屋や廊下やトイレなどの大きな温度差があるのも、体には負担になります。


 私は、アレルギー体質ということもあり、風邪をきっかけに咳喘息になり、風邪が治癒した後も咳で苦労しています(笑)。まぁ、やっと治まってきましたが。
咳喘息は、一般的には、治癒に数週間〜何か月とかかることもあります、他人に移る病気ではありませが、咳が長引きます。喉頭や気管支のアレルギーによるものもあります(私の場合はこれです)。私の場合、寒暖差、ほこりを吸ったり、他人のタバコの煙(受動喫煙)、仕事での発声などで、咳が悪化します。黙っていれば、かなりいいのですけど(笑)
 乳幼児や気道の悪い方にとっては、受動喫煙は、かなり害になります、健康な方でも受動喫煙で肺がんが発生する場合もあります、公共の所では世界の先進国の基準と同様の受動喫煙は規制しないと健康被害が発生します。IOCとの約束もありますし(笑)。喫煙者の方も自由に喫煙できるようなスペースを、所々に確保できると規制に理解がえすいかもしれません。(医者としては喫煙をお勧めすることはありませんが。また、耳鼻科医としてですが、皆さん、喉頭がんも、一番大きな原因は喫煙ですからね!

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 20:33| 医療情報「全般」

2018年10月12日

インフルワクチンは何才から接種が出来るの?

ワクチンは何才から接種出来ますか?
生後6か月からという医療機関と、1才からという医療機関、の両方があるのですが不思議です!
とのご質問を頂きました。


当院で使用しているワクチンは6ヶ月乳児から実施可能で、生後半年から実施しております。

ワクチンの製造メーカーによっては1才からしか実施できないワクチンがあります、これは臨床試験の関係と考えられます。もちろん、6ヶ月から実施可能なワクチンも多く発売されています。また、新生児の有効率は大人ほど高くない場合もあります。これらの理由から1才からとしている医療機関もあるのではと思います。どちらも間違いではなく、個々の医療機関の事情ということになります。なお、当院では生後6ヶ月から接種可能なワクチンを導入していますので、ご希望の方には生後6ヶ月から実施しております。

なお、赤ちゃんがインフルエンザにならないよう予防する最も重要なことは、ワクチンなどにより赤ちゃんの免疫力を上げるのは当然として、その家族がインフルエンザにかからないことです。したがって、新生児以外の家族の方全員がワクチン注射を受ける・手洗いマスクなどをする等、家庭内の感染防御に勤める必要があります。家族全員で赤ちゃんを守ってあげないといけませんね。
ウイルスを家庭内に入れない、外堀をしっかり守る・・・と、いう感じでしょうか!

なお、詳しい実施要項、問診票PDFなど、9月21日ブログに記載してあります、ご参照ください。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 19:44| 医療情報「全般」

2018年09月21日

【インフルエンザワクチンについてのお知らせ・問診票PDF添付】

1011日より診療時間内に随時接種いたします。

  (なお、ワクチンの予約は不要ですが、耳鼻科の診察の順番をお取りください)

13才未満の方は2回接種  13才以上は1回接種

*海外渡航、受験、医療機関勤務など特別なケースでは2回接種も可能です

*料金は1回 税込3200

65才以上の名古屋市民の方は、税込1500円(1015日から)


健保連の補助券は使用可能です、ご利用ください

今年は流行が早く、愛知県でも9月にもかかわらず数校の学級閉鎖が出ております、早く流行しそうです。早めに接種して下さい。

以下に問診票のPDFを添付します。お手数おかけしますが、可能な方は問診票(1ページ目のみで可能)をダウンロード、プリントアウトされ、事前に記載して頂くと、待ち時間も短くなる可能性もありスムーズです。なお、2ページ目の注意事項を熟読お願いいたします。ご質問は受付まで。


インフルエンザ問診票.PDF


例年希望者のほぼ全員の方に接種させて頂いています。在庫量は十分に確保していますが、生産量には限りがあります。社会情勢により在庫がなくなれば終了となります、ご了承ください。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 14:52| 医療情報「全般」

2018年08月20日

風疹大流行の兆し、妊婦への感染防止のため周囲の関係者は予防接種の検討を―厚労省、日本産科婦人科医会

 今夏(2018年夏)には、例年に比べて風疹の届け出数が増加している。特に30−50歳代の男性で多く、任意の予防接種を受けることが期待される。また、妊婦が風疹に感染した場合、児に先天性風疹症候群(白内障、難聴、心疾患など)が出現する恐れがあるため、感染防止に努める必要がある―。

 厚生労働省は8月14日に、通知「風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について(協力依頼)」を発出し、こうした点に留意するよう関係者に呼びかけました(厚労省のサイトはこちら)。また、日本産科婦人科医会も、この通知を受け緊急警告を発しています(医会のサイトはこちら)。

妊娠予定者やその家族の方は、産婦人科に相談すると良いと思います。我が家の身内では、現在妊婦さんはいないので安心ですが、家族全員(新生児以外は)、風疹抗体は持っているもしくは予防接種済みですので安心ですが。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】M3医療ニュースより転載


posted by 院長 at 19:02| 医療情報「全般」