2020年05月30日

ネブライザーの安全性について

 以前、日本環境感染学会から、コロナウイルス感染対策のエアロゾルが発生しやすい状況としてネブライザー療法が挙げられていましたが、ここで述べているネブライザー治療とは、肺炎の治療中に行われる(酸素テントなど)ものであり、耳鼻咽喉科で使用するような薬剤投与に用いるネブライザーは該当しないと、明記されています。
一般では、その指針により少し誤解が生まれました。耳鼻科で行うネブライザー治療と混同され、耳鼻科のネブライザ一治療が憂慮されるとの誤解が生まれました。

患者さんより、たまにご質問がありますので、記載しますが
 日本環境感染学会(5/7ガイドライン)、日本耳鼻咽喉科医会(5/27指針)において述べられているように
 「耳鼻咽喉科でのネブライザー治療は、新型コロナウイルス感染症の原因にはならず、安全です」

当院では、ネブライザー治療について一部の患者様は制限していましたが、現在は、学会指針により通常通り実施しています。
@当院のネブライザー治療を行う場所は、2方向、大きく外部の窓に接しており十分な自然換気が行われています。さらに、真上に換気扇を設置してあり、強力に換気も行っています
A治療の椅子の数を少なくし、隣の方との間隔を確保しています。
B定期的にネブライザー回路を消毒し、余分な薬剤は廃棄しています。

ご安心ください。

耳鼻科の治療もかなり正常化してきましたが、まだ、一部の処置などは制限されていますが、徐々に通常に戻ると思われます。



posted by 院長 at 19:18| 医療情報「全般」

次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する効果は?

以下のようなニュース記事を見ました

アルコール消毒薬の不足で注目されていた次亜塩素酸水ですが・・・・ご参考に!


「次亜塩素酸水」現時点では有効性は確認されず NITEが公表

2020529 1849


NITE=製品評価技術基盤機構は、新型コロナウイルスの消毒目的で利用が広がっている「次亜塩素酸水」について、現時点では有効性は確認されていないとする中間結果を公表しました。NITEでは噴霧での使用は安全性について科学的な根拠が示されていないなどとして控えるよう呼びかけています。


NITEなどはアルコール消毒液に代わる新型コロナウイルスの消毒方法の検証を進めていて、29日「次亜塩素酸水」についての中間結果を公表しました。


検証では、2つの研究機関で酸性度や塩素の濃度が異なる次亜塩素酸水が新型コロナウイルスの消毒に有効かどうかを試験しました。


その結果、一部にウイルスの感染力が弱まったとみられるデータもありましたが、十分な効果がみられないデータもあるなどばらつきが大きく有効性は確認できなかったということです。


今後、塩素濃度を高くした場合などについて検証を続けるということです。


また、NITEでは、次亜塩素酸水は噴霧することで空間除菌ができるとして販売されるケースが少なくないことについて、人体への安全性を評価する科学的な方法が確立していないことや国際的にも消毒液の噴霧は推奨されていないことなどを紹介する文書を合わせて公表しました。


NITEは「加湿器などで噴霧することやスプレーボトルなどで手や指、皮膚に使用することは安全性についての科学的な根拠が示されておらず控えてほしい」と呼びかけています。



posted by 院長 at 18:11| 院長の『徒然日記』

2020年05月17日

今後・・・

愛知県では、先日、緊急事態宣言が解除されましたが、
新型コロナウイルスがいなくなったわけではありません、
ワクチンが製品化されたわけではありません、
確実な治療法が確立したわけではありません。
今までと、同じように、気を緩めずに行動しましょうね。

当院でも、徐々に、制限していた、一部の処置や検査や治療などを、元に戻していきたいとは思っていますが、まだ、制限される場合があることをご理解ください。

でも、まぁ、少しやれやれという感じにはなってきましたね。
気を付けながらの、外食やショッピングも少しは出来そうですね
少しは、気は晴れますね

皆さん体調がいいようで
当院も、平日は、混雑はほとんどありません、密になることはないと思われますので、ご安心を。
院内、消毒、換気、しっかりやってますので、ご安心ください。
院内では必ずマスクをお願いします、マスクのない方は診察をお断りすることがあります。

でも、まぁ、多少は気が楽になってきましたね
皆さん、日常生活は、油断せずに頑張っていきましょうね。



posted by 院長 at 18:35| 院長の『徒然日記』

2020年04月28日

電話によるお薬の処方

電話でのお薬の処方について

通達により、しばらくの間、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、当院で定期的に通院され、いつも同じお薬を飲まれている方などは、お電話によるお薬の処方(処方箋の発行)が可能となりました。当方で状況が予想できる期間(原則、2週間程度分まで)の処方となります。薬によっては、通達により処方出来ない薬があります。また、最近来院がない場合も処方できない場合があります。

電話でお受けし、現在の症状などを確認後に、事前に処方箋を発行し、窓口にお越しいただき、保険証確認、会計後すぐに処方箋をお渡しするという段取りになります(院内の滞在時間はわずかとなりますが、保険証、医療証など変更があれば、変更手続きのために少しお待ちいただきます)。

詳しくは受付時間内にお電話にてお問い合わせください。

ただ、最近は予約枠も少なくし、来院数も少なくしてあり、混雑することはあまりないので、来院されても、ご心配ないと思われます。ご本人が、来院され診察されれば、病状によりますが、ながめに処方は可能となります。



posted by 院長 at 17:04| 医療情報「全般」

2020年04月22日

GWの診療

当院は、GW中も、通常通り、カレンダー通り、診療しております(日・祝・水曜 休診 )
 4月29日 休診
 5月3日〜5月6日まで休診
 土曜の午後は休診
感染予防に配慮しながら、頑張って診療していますが、資材不足で、発熱患者さんの診察はできませんのでご了承ください。

定期的な院内消毒
出入り口に、手指消毒薬の設置
受付の被膜シート設置
おもちゃや、書籍類も撤去
マスクの着用
一部の、検査や処置が、当分の間実施できないことがあります。

以上ご了承ください。
posted by 院長 at 18:31| 院長の『徒然日記』

2020年04月14日

愛知県も緊急事態宣言を出しましたね 続編

ここ愛知県も宣言を出てますので、皆さん、自覚をもって行動しましょう。
当院でも、感染予防に心がけていますのでご協力お願いいたします。なお、資材不足から、一部の処置、検査を中止する場合があります。ご了承ください。付き添いの方で、車の中などでお待ちいただける方は、車の中でお待ちください。院内は最低人数でお入りください。ただし、子供さんや、高齢者、体調不良者など、気にせずに付き添いの方もお入りください。院内はマスク着用、出入り口では手指消毒、お願いします。着席も、隣との間隔をあけてお座りください。マスクの着用をお願いします。

【新型コロナ肺炎について】 本日の中日新聞記事より
中部7県の656人をまとめたデーターのようです
@感染者の症状の7割に発熱症状72.9%、次に咳34.3%、だるさ24.5%・・・と続きます。
A症状なしも10.4% 約1割の方が無症状
Bにおい・あじの障害は意外に少なくそれぞれ50人前後1割以下となります
C死亡されたかたは、26人 高齢者 男性に多い傾向のようです。

愛知県知事からの最近の要請では
バー キャバレー ナイトクラブ 夜の繁華街を注意してとの、要請のようです
安部首相からの要請は
バー、ナイトクラブ、カラオケ、ライブハウス、繁華街の接客を伴う飲食店
東海地方の事例では
デイサービス、スポーツクラブ、ヨガ、ナイトクラブ、飲食店 などで発生していました
以上注意しましょう


続きを読む
posted by 院長 at 13:16| 院長の『徒然日記』

2020年04月12日

愛知県も緊急事態宣言を出しましたね

ここ愛知県も宣言を出しましたので、皆さん、自覚をもって行動しましょう。
当院でも、感染予防の観点、資材不足から、一部の処置、検査を中止する場合があります。ご了承ください。

【新型コロナ肺炎について】

当院は、耳鼻科、皮膚科の診療所です、肺炎の相談はお受けしておりません。当院へお問い合わせいただいても専門でないためにご相談には乗れません。
この病気は、通常は呼吸器内科が担当する病気です。

少しでも、心配な方は、予告なく、医療機関に入るのは、絶対にやめてください。
その安易な行動が、院内感染につながる場合があります。
病院には、乳児や、免疫力のない方や、ご老人も通院されています。 
自分のことだけでなく、周りの方を気遣って、電話で連絡してから行動してください。

接触者で、発熱が37.5度以上が4日間以上続く、倦怠感や咳が続く方などが、検査を受ける基準のようです。
当方は、この病気の専門ではないので不十分な情報かもしれませんが。
心配な場合は、
厚労省電話相談窓口(0120)565653、所轄の保健所、帰国者接触者相談センターに、電話で相談ください。
診察できる医療機関を紹介してもらえます。

まずは、お住いの保健所に相談することをお勧めします。

どこの医療機関でも診察してもらえるわけではありません、防護服などの感染予防措置を取らないと、診療や検査ができません。地域の保健所(保健センター)などが、症状により判断し、地域の対応可能医療機関の発熱外来などに振り分けるようです。




posted by 院長 at 00:10| 院長の『徒然日記』

2020年04月04日

最近わかってきたこと

もちろん 新型コロナウイルス肺炎 関連ですが
2日WHO等の発表です(昨日の夕刊にも一部掲載されていましたが)

1、感染していても無症状の人からの感染例は少ない。
   これは、朗報です。症状が出ている方だけしっかり対策すればいいことになります。」
   例外もあるでしょうから、気を緩めてはいけません。
   自分を含めて誰でも感染したり、させたりすることがあると思って行動しましょう。
   やはり、発熱や咳のある方からの感染が多いと言うことですね。
2、ウイルスが付いているドアノブや手すりなどに触れた手で、鼻や目を触ると感染リスクがある。
   やはり、手指消毒が必須ですね。当院は定期的に消毒しています。
3、発症して3日間が最もたくさんのウイルスを出すようです(鼻やのどから)咳やくしゃみは注意ですよ。
   そのような方はマスクが必須です。
   風邪や喘息、花粉症でも同じ症状になりますから、他人に感染させないと言う観点から皆さんマスクをするに越したことはありません。

4、潜伏期間は平均5~6日 稀に14日超えることもあるようです

以上から、感染流行の主な原因は、発症者が感染させてしまうということですね。やはり、症状の出た方の対策を中心にやって行けば良いのでしょうね。

当院では、感染が拡大した現在では、全員の方に、マスクを付けることをお願いしています。
お手数ですが、診察室でもマスクを付けて下さい。
鼻や咽喉の処置の時のみ外して頂きますが、耳処置などはマスク付けての診察は可能です。

現状の対策
 @手指消毒液の玄関への設置・・・ご自由にお使いください
 A強力な換気・・・室内が寒くなったら花粉が浸入する場合がありますがご了承を
 Bドアノブ、カウンター、家具などの、定期的なアルコール消毒しています
 C院内では、患者様も職員も、全ての方にマスクの使用をお願いしています。
      (お持ちでない場合は鼻や口に、タオルやハンカチなどを当てる等工夫して下さい。)
 D感染防止の観点と資材不足もあり、学会の提言で鼻咽頭の一部の検査処置が出来なくなっています

なお、当院は耳鼻科・皮膚科診療所であり「新型コロナウイルス肺炎」の診療はできません。
ご了承ください。

日本でも、都市部は、感染病棟のある病院は戦争状態です、感染病棟の医療関係者のは、感染しているスタッフもかなりあり、疲弊しています。政府や行政の助けも当てにできない状態です。国会は何をしているのでしょうね。

身近の医療関係者を助ける意味でも、皆さん、週末は、人混みを避け、おうちなどで過ごしましょうね。


マスクも消毒薬もフェイスシールド等の防護用品、どこに行っちゃったんでしょうね。まだまだ、開業医は購入できません。
マスクは少量、政府から配給されるようですが、当院の職員数なら1週間ぐらいで使ってしまう数のようですが。それでも、今となっては、ありがたいです。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 15:27| 医療情報「全般」

2020年03月31日

臭い・味の異常と、新型コロナ肺炎での対応

日本耳鼻咽喉科学会からの指針が出ました
英国耳鼻咽喉科学会の指針と同様な考え方です

新型コロナウイルス肺炎の感染で、初期症状の先行する症状として、一部の方に 急に匂いや味の異常を自覚することがあることがわかってきました。
匂いや味の異常などは他病気、風邪や鼻炎などでもよく起こり、新型コロナ肺炎とは無関係の場合がほとんどと思われますが、上記のようなこともありますので注意が必要です。

@におい、あじの異常を感じてから 2週間は不要不急の外出を控えて自宅で家族と隔離して待機。マスクでの対話。手洗い。医療機関へは受診せずに毎日検温

A37.5度以上の発熱が4日間以上続く場合や、咳、息苦しい、だるさ、があれば、お住いの 帰国者・接触者相談センターに相談を。

B嗅覚・味覚障害の対症治療は急ぐ必要はない。まずは、薬なしで様子を見る。自然に治ることが多い。Aの発熱などの症状がなく、2週間以上経過してから受診を考える。

あなたとあなたの周りの皆さんの身を守るためにご協力ください。
posted by 院長 at 16:33| 院長の『徒然日記』

嗅覚・味覚障害について

 最近、阪神のプロ野球選手の、新型コロナに罹患した症状の一つに、匂いや味がわからなくなったと報道され、一気に有名になってしまいました。

確かに、新型コロナ肺炎では、このような症状の報告が見られるようですが、詳しくは解っていません。匂いがわからなくなっても鼻水などの鼻の症状は乏しいようです。
一方、花粉症や副鼻腔炎や鼻かぜでも、2〜3割の方に匂いや味のトラブルが見受けられますが、こちらは明らかな鼻水 鼻閉 等の症状があると思われます。。
例外もあるでしょうから、判断が難しくなります。

イギリスの耳鼻咽喉科学会では「嗅覚障害のある方で他の咳や熱の症状のない方は、診察は受けず自宅安静」を推奨しております。日本では、現時点では、指針は出ておりませんが、おそらく、同様の対応で良いと思われます。

現状では、これらの症状と新型コロナ肺炎との関係は、近所の耳鼻咽喉科では診断は出来ません。ご心配の方は「帰国者・接触者相談センター」へお問い合わせください。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】


posted by 院長 at 13:45| 院長の『徒然日記』