2017年01月26日

耳垢に関する 医療ニュース記事より

 米国耳鼻咽喉科・頭頚部外科学会(AAO-HNS)は1月3日、耳垢塞栓に関するエビデンスに基づく勧告を含む改訂ガイドラインを発表した。同日のOtolaryngology–Head and Neck Surgery誌で閲覧できる。

 耳垢は耳の奥への異物の侵入を防ぐなど耳の健康を守る役割を果たしていると同学会。咀嚼や顎の動き、外耳道の皮膚のターンオーバーなどを経て外に排出されるのが正常なプロセスと考えられている。しかし、時にはこの自己排出プロセスがうまく機能しなくなり、耳垢が外耳道に溜まり外耳道が一部あるいは全て閉塞してしまうことがある。同学会によると、耳垢塞栓は小児の10人に1人、成人の20人に1人、高齢者や発達障害例などでは3人に1人以上に起こると試算されている。

 改訂GL作成に当たったSeth R. Schwartz氏は、一般の人が行う耳掃除について「多くの人が耳の中の耳垢をきれいにしようと綿棒やペーパークリップ、イヤーキャンドルや想像しがたいあらゆる物体を耳の中に入れる。しかし、耳垢をなくそうとするそうした努力は、耳の奥に耳垢を押し込んで、外耳道により影響を与えているに過ぎない」と一刀両断。耳掃除をしょっちゅう行うことにより、耳の痛みや異常、耳鳴りや聴力低下、耳だれや耳の異臭、咳などの様々な症状が起こりうると注意を呼びかけている。

 改訂GLでは医師から患者に啓発すべき耳垢閉塞に関する「やるべきこと」「やってはいけないこと」を提示している。同学会による勧告の一部は次の通り。

  • 過剰な耳掃除はしない。過剰な耳掃除は外耳道の炎症や感染の原因となり、耳垢塞栓率が高まる綿棒、ヘアピン、つまようじなどは耳を傷つけることがある。これにより外耳道裂傷、鼓膜の穿孔、耳小骨変位が生じて聴力低下、目まい、耳鳴りなどを招く恐れがある
  • イヤーキャンドルを使用しない。耳垢塞栓を除去するというエビデンスはない
  • 自宅でできる耳垢塞栓の改善法は医師に相談する。耳垢を除去する方法の中には、ある種の疾患があると安全に行えないものがある
  • 耳痛、耳漏、または耳からの出血は医師の診察を受ける。これらは耳垢塞栓の症状ではなく詳しい検査を必要とする

以上、医療ニュースによる記事でした。

耳垢は遠慮なく当院にご相談くださいね、ご家庭での無理は禁物ですよ。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 21:07| 院長の『徒然日記』

2017年01月17日

インフルエンザの流行期か・・・・・


@ インフルエンザ情報です  そろそろ本格的な流行が見られます。
市内の幼稚園、小学校、中学校、高等学校及びその他で発生した集団かぜによる学級閉鎖等の措置が実施された状況について、名古屋市健康福祉局より情報提供がありましたので資料を添付いたします(医師会のメーリングリストから転記)。


A当院のインフルエンザワクチン接種は終了しました(在庫がなくなったために)。
ワクチン接種時期は10月初旬〜12月初旬までがお勧めです。最近では、11〜12月にも早々と流行することがありますので、早めに接種されることをお勧めします。

みなさん、ご注意くださいね。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 18:49| 医療情報「全般」

2017年01月12日

のど 魚骨の異物

今日は、のどの魚骨の異物デー でした(笑)
のどに魚の骨が刺さったという方が、午前1名 午後1名 あり、お二人ともにアジの骨でした
みなさん御注意下さいね
久しぶりに内視鏡写真をアップしますね
画像処理により骨の位置が明瞭となりました、鉗子で除去しました
(午前に来院された方は、他の耳鼻科では設備がなく取れないと言われて、当院に受診されました。当院で、摘出することが出来て良かったです。)

IMG_0960.JPG  IMG_0961.JPG

かなり長さのある骨でした、大変でした。


IMG_0963.JPG  IMG_0964.JPG

これは、長さはありますが細い骨で、喉頭が胃の裏に入っており大変でした(他の耳鼻科で取れなかった方です)


IMG_0962.JPG

これは、おまけですが
異物感を訴えておりました
喉頭がいにのう胞が出来ていました。経過観察症例です。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 21:10| 医療情報「のど」

2016年11月30日

禁煙の勧め・名古屋市内インフル流行状況

@厚労省が受動喫煙防止のためのヒアリングを各方面に開始
医療機関内での敷地内禁煙が推進されている今日この頃ですが、オリンピックに向けて確実に実施されると思います。現在も、禁煙外来がある医療機関は、全て敷地内禁煙です。当院は、禁煙外来は行ていませんが、受動喫煙防止の観点から開院当初より建物内禁煙、10年程前より敷地内禁煙としております。ご理解ください。
世界的な基準ですので御了解ください。
喫煙は百害あって一利なしと言われています、しかし、喫煙者にとってはストレス解消などに利用されていると思います、できれば、ご自身のと周りの方の為に健康の為に禁煙を、せめて、他の人に受動喫煙させないように配慮しましょうね。
オリンピックまでには、不特定多数の方が利用する施設は禁煙になりそうですね。医者の立場からは、大歓迎ですが・・・・(例)耳鼻科では喫煙による喉頭がんリスクは肺がんよりも高いです。


Aインフル流行情報
10月に近所の中学で学級閉鎖などの情報がありましたが、現在はこの近辺では大きな流行は認められません。しかし、そろそろ流行期に入りましたのでみなさんご配慮ください。

名古屋市内の学校の流行情報(学級閉鎖)

名古屋市内の流行情報

これらを参考に行動して下さいね

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 14:41| 院長の『徒然日記』

2016年11月18日

舌下免疫療法( スギ花粉症 ダニアレルギー)

当院では、以前より、舌下免疫療法の治療を行っています。

 スギは、今が治療には最適の時期です、花粉が飛ぶ時期はこの治療の開始が出来ません。是非、スギ花粉症の患者さんは、ご検討ください。
 なお、ダニアレルギー性鼻炎も治療しています、こちらは開始時期の制限はありません。特にダニの治療薬に関して12月に2週間の服薬制限が外れますので、維持量になると月一回の通院となり楽になると思います。

以下はメーカー作成のスギ花粉症のポスターです。

来年の花粉は、愛知県は昨年の2倍飛ぶとの予想です。

舌下スギポスター.JPG

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 14:30| 花粉情報「スギ、その他花粉」

2016年11月16日

年末年始臨時診療と休診のお知らせ

【年末年始のお知らせ】
12月28日(水)午前のみ臨時診療(耳鼻科・皮膚科)、午後は休診
  29日(木)午前のみ診療(耳鼻科・皮膚科)、午後は休診
  29日(木)午後 〜 4日(水)まで休診いたします。
ご理解お願い申し上げます。
なお、上記以外は平常通りのスケジュールです。


なお、歯科はスケジュールが異なりますご注意ください。歯科にお問い合わせください。http://matsunaga-clinic-dental.jp/

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】



posted by 院長 at 19:22| インフォメーション

2016年11月04日

工事について

 外壁の工事は、足場、シートもとれて、そろそろ終わりになりつつあります。
外の工事は、もう少しで終わります。外壁や建物の強度は、今まで以上により安全に、さらに綺麗に なりました。
室内の工事が少し残っており、今月、中旬まではまだ、少しご迷惑をおかけするかと思いますが、よろしくご理解お願いいたします。

ご迷惑おかけしましたが、これで、地震の際などに、タイル落ちなの心配もなくなり、耐震に関しての心配もなく安心して仕事できそうです。患者様も、安心してご来院下さいね。

20161104外観.JPG

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 14:07| 院長の『徒然日記』

2016年10月10日

効かなくなった? 「経鼻インフルエンザワクチン」

痛くない、鼻から点鼻する インフルエンザワクチンについて(日本では、現在、まだ発売されていませんが)

日本でも、経鼻弱毒生インフルエンザワクチン「フルミスト」の発売が待たれています(日本では第一三共製薬が承認申請中になっています)
痛みがなく子供さん達にはとってもありがたいワクチンですが
ここにきて、効果が弱いのではという報告が出てきました
2013年までのデーターでは注射と同様に50〜70%ぐらいの効果を出していましたが、2014年以降、注射のワクチンより有意に効果が悪かったようです。特に、H1N1型にはほとんど無効のような結果です。
これをふまえて、アメリカ疾病対策センター(CDC)は、今年から、フルミストを勧奨しないと発表しました(今まで推奨していた)。
フルミストは、欧州では既に使われていますが、この数年効きが悪いと言う報告があります。
このニュースには、困りました。

北里大学の中山哲夫氏のご意見として、生ワクチンの場合には、感染歴があるとウイルスが体内で排除されてしまうために効果が無くなるのでは?(特に最近H1N1の流行が続いていたため感染歴のある方が多くそれを裏づけているのかも)

今後、「フルミスト」が承認されても使用方法が難しくなりそうです。

なお、新しい動きもあります、第一三共による承認申請中の事案です。
 皮内注射(皮膚の表面近くに打ち丸いふくらみが出来るような注射方法)によるインフルワクチン接種です。従来の皮下摂取より効果が高いといわれており、また、痛みも少しは軽減されるかもしれません(個人のとらえ方ですが(笑))。しかし、泣いて暴れている子供さんには、皮内注射はなかなか、技術的に難しい物があります。

以上、日経メディカル記事より抜粋しました。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 12:22| 医療情報「全般」

2016年10月09日

インフルエンザワクチンについて 心配なニュース

医療ニュースから転記・・・・・・・・・


インフルエンザ:ワクチン供給1割減 熊本地震が影響 前年度比試算



 今年度の季節性インフルエンザのワクチン供給が減少し、需要との差が187万本と、11年ぶりに100万本台に落ち込むことが厚生労働省の試算で分かった。ワクチン大手の化学及血清療法研究所(化血研、熊本市)が熊本地震で被災したためで、危機感を抱いた厚労省は病院などに対し、5年ぶりに必要以上の注文を控えるよう通知した。いまだに入手できず、ワクチン接種を遅らせる医療機関も現れ始めた。

 厚労省によると、今年度の製造(供給)量は2752万本で、前年度(3072万本)より約1割少なく、2010年度以降では最も少ない。使用(需要)量を前年度と同じ2565万本と見込むと、需給差は187万本と試算される。例年は200万本以上の余裕があるといい、100万本台になるのは、05年度以来11年ぶりだ。

 製造量が落ち込んでいる主な原因は、化血研の被災だ。国内ではインフルエンザワクチンの製造業者は4社しかなく、このうち化血研は、熊本市北区にあるB型肝炎ワクチンを製造する施設が、熊本地震で天井に亀裂が入るなどした。同じ敷地にあるインフルエンザワクチン製造施設も運転を停止し、設備点検を余儀なくされた。

 厚労省によると、ワクチン製造は、完成までに数カ月がかかる。このため、他の3社による急な増産は困難だという。【蓬田正志、松本光央、小林直】

posted by 院長 at 18:32| 医療情報「全般」

2016年09月29日

外壁工事 と、 院内勉強会

1、外壁の補修、洗い工事が始まっています
 タイルの洗いと、点検を行い、タイル剥がれなどが起こらないよう適切にメンテナンス工事行っています。街で見るマンションなどの工事と同じです。幕が張られていますが、駐車場も自転車置き場も通常通り使えますのでご安心ください。

IMG_0841.JPG IMG_0839.JPG IMG_0840.JPG

2、院内勉強会では パウダー状になった点鼻薬の使用手順などについてと、これからの感染症対策について 討論しました。季節のお弁当を用意いたしました。弁当も、秋の風情が漂っています(笑)。

IMG_0838.JPG IMG_0837.JPG



【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科||アレルギー科| 】
posted by 院長 at 13:44| 院内勉強会