2020年01月31日

新型コロナウイルス肺炎について

 現在、中国を中心に流行している新型のコロナウイルス感染症(肺炎)について

発熱37.5度以上かつ咳などの呼吸器症状がある方で
症状出現から2週間以内に
 中国(武漢市)への渡航歴があり、発熱、咳等の症状がある方
   又はその方に接触されたのちに同症状が出ている方

関係機関へ届けや医療機関への受診が必要となります

保険所などの相談窓口に、まずは電話で問い合わせてから指示を仰ぐのが良いと思います。

なお、この病気は通常の医療機関では対応はできません。
近所の内科などに受診する前に、保健所などに相談の後に、対応できる医療機関への受診となると思われます。


ここからは、私見ですが

無症状で感染している方が見つかったこと
症状が出る前(すなわち潜伏期間中)でも、他人に感染させることがあるということ
現在、特効薬がない
一般の診療所・病院では、検査薬も無く検査することも出来ない
出入国の検疫も、個人の自由との関係で、医療関係者の立場からは日本ではまだ規制が甘いように見える

などを考えると、しばらく、なかなか制御するのに難しいウイルスが出現したと危惧します
終息がいつになるやら
東京オリンピックまでに落ち着くと良いのですが
オリンピックでの夏の暑さ対策どころの騒ぎでなくなりました、ウイルス感染が、オリンピック開催の最大の危機になりました
突然の降って湧いたような災難ですね

未知のウイルスで対策はまだはっきりしていないところもありますが
他の飛沫感染するウイルス疾患と同様、人混みへの外出を出来るだけ控え
手洗い、うがい、マスク、換気 などを心掛けることが重要そうですね


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
続きを読む
posted by 院長 at 00:31| 院長の『徒然日記』

2019年12月09日

スギ花粉 フィールドワークしました

 昨日、千種区某所で、スギの樹木に付く花粉の花芽の観察に行きました。
私の定点観測地点です(笑)
昨年よりは、かなり少なく、かといって、ないわけではなく、そこそこには付いていました。
おそらく、例年より花粉症状は軽く済むと思われます。しかし、症状が出ないレベルではないので注意が必要です・
油断大敵ですぞ!(以下は 2019年12月8日の写真です)

IMG_0073.jpg


なお、2019年1月27日にアップした前シーズンの写真と比較して下さい(以下に示します)
同じ場所です。
前シーズンの花粉の雄花はかなり多いことがわかりますね。(以下は、前シーズン2019年1月のスギの雄花の写真です)
スギIMG_1561.JPG スギIMG_1560.JPG


なお、当地の近隣の学校でも、ついに、インフルエンザが流行し始めたようです。
学級閉鎖の話も聞こえてきました。
インフルも油断大敵ですね。
ワクチン在庫について、現在は、まだありますので、ご希望の方は早めに接種して下さいね。



【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 08:30| 花粉情報「スギ、その他花粉」

2019年11月22日

年末年始・・・休診のお知らせ


12月29日(日曜)〜1月3日(金曜) 休診となります。

その他は平常通りです(日・祝・水曜・土曜の午後は、休診)
なお、今年から12月23日は平日となり平常通り診療します、お間違えの無いように。

歯科はスケジュールが異なります、お手数ですが直接歯科にお問い合わせをお願いします。

インフル流行情報:先週末より全国的に流行期に入ったと発表されました、ワクチン未接種の方は早めに接種しましょう。今年は、今の段階ではワクチン不足は起きていませんが、年末近くなると不足する年がありますので、ご希望の方は早めに接種してください。

松永クリニック からのお知らせでした
posted by 院長 at 00:56| 院長の『徒然日記』

2019年09月28日

インフルエンザワクチン接種のご案内

10日(月曜)より耳鼻科診療時間内に随時接種いたします。

  (なお、ワクチンの予約は不要ですが、耳鼻科の診察の順番をお取りください)

13才未満の方は2回接種  13才以上は1回接種

*海外渡航、受験、医療機関、介護施設勤務など特別なケースでは2回接種も可能です

*料金は1回 税込3500

65才以上の名古屋市民の方は、税込1500円(1015日から適応)


健保連の補助券は使用可能です、ご利用ください

今年は流行が早く、愛知県でも9月にもかかわらず数校の学級閉鎖が出ております、早く流行しそうです。早めに接種して下さい。

以下に問診票のPDFを添付します。お手数おかけしますが、可能な方は問診票(ご持参は1ページ目のみで可能)をダウンロード、プリントアウトされ、事前に記載して頂くと、待ち時間も短くなる可能性もありスムーズです。なお、2ページ目の注意事項を熟読お願いいたします。ご質問は受付まで。


インフルエンザ問診票.PDF



例年、年内希望者のほぼ全員の方に接種させて頂いていますが、ワクチンの生産量には限りがあります。例年、年末にはワクチン不足が発生します、在庫量は十分確保しているつもりですが、社会情勢により当院の在庫がなくなれば終了となります、ご了承ください。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 14:11| 医療情報「全般」

インフルエンザ「極めて異例」まだ9月なのに患者急増

 インフルエンザの患者が増え始めている。厚生労働省は20日、9月15日までの1週間に報告された患者数が1医療機関当たり1・17人で、流行の目安となる1人を超えたと発表した。特に沖縄県が50・79人と多く、ただ、沖縄以外でも例年に比べて患者は多く、警戒を強めている。
 発表によると、全国約5000の医療機関から、この1週間に報告があった患者数は5738人と、前年同期の約9倍だった。沖縄以外の都道府県では、長崎2・60人、大分1・57人、佐賀1・56人など九州で多い。このほか山梨0・98人、東京0・95人、千葉0・94人なども目立つ。 インフルエンザは例年、12月頃、流行入りする。インフルエンザに詳しいけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「この時期に患者が増えることは極めて異例で、今後の動向を注視する必要がある。症状が出た場合は早めに医療機関を受診してほしい」と話している。

読売新聞のニュースからその内容を抜粋いたしました。


名古屋市内でも、9月に学級閉鎖が見られた区もあり、例年より早く流行し始めました。皆さん、注意して下さい。早めの予防接種がお勧めです。


【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】

posted by 院長 at 13:58| 医療情報「全般」

2019年09月19日

11月の皮ふ科・臨時休診のお知らせ

かなり、先の話で恐縮ですが。

皮膚科担当の副院長が研修の為に、

11月1日(金曜)・2日(土曜)
皮膚科(副院長)のみ臨時休診となります

耳鼻咽喉科(院長)は、通常通り診療いたしております。
皮膚科通院中でお困りの場合には、院長が対応させて頂きます。

【 名古屋市名東区|松永クリニック|耳鼻咽喉科|皮膚科|アレルギー科| 】
posted by 院長 at 19:45| 院長の『徒然日記』

2019年09月02日

敬老の日

あっという間に、9月になってしまいました。
朝晩は、少し過ごしやすくなりましたね。
逆に、寒暖差のために、寒暖差アレルギーや、多少の風邪気味の方が見受けられます。

ご老人のお見えになる家庭にはそろそろ、敬老会の案内などが届く季節ですね。
すぐに、秋めいてきそうですね
私の身内の老人たちも、何とか元気で過ごせています。むしろ、赤ちゃんたちの風邪が目立ちます。

皆さまご自愛ください。

posted by 院長 at 08:55| 院長の『徒然日記』

2019年08月21日

夏の疲れ・・・

 みなさん、お元気でしょうか?

お盆明けは、夏の疲れが原因と思われる方が散見されます。
特に、乳幼児の方に、熱発などの夏風邪が見受けられます。 
一時は大流行の手足口病などは、最近は減少傾向です。
他の年齢層は、比較的落ち着いているようですが。旅行疲れなどの方は見受けられます(笑)。

当家の親族は、3世代、今や4世代ですが、何とか夏を乗り切りそうです、乳幼児2名に熱発者がいますが・・・・回復傾向のようですが。

皆様も、夏の後半は、疲れをとるようにリラックスした生活をお送りください。
まだ、まだ、熱中症のリスクもありますので、ご注意ください。


松永クリニック

posted by 院長 at 00:41| 院長の『徒然日記』

2019年08月15日

夏季休暇

当院のお盆休みも終わり
8月16日金曜からは平常通りの診療です。
posted by 院長 at 16:27| 院長の『徒然日記』

2019年07月31日

ジエットラグ(時差症候群)について その2

6月7日に記載させていただいた、続きです

さて、大きな時差がある国への海外旅行での、時差ボケ(時差症候群)対策を私なりに書いてみます。専門家ではないので間違った情報があればお許しください。

1、到着地で太陽を浴びる
太陽光をあびることで、体内時計の位相を前進させる作用があるようです。
現地(アメリカなど東方面など)に朝に到着なら、午前中は太陽には浴びず安静休息をとり、午後から太陽に浴びると良いのかもしれません
逆に、ヨーロッパなどで午後(日本時間の早朝に当たるのか?)に着いた場合は、太陽光を浴びることで適応が早まるかもしれません。
最近は、24時間空港が動いている場合もあり、到着、出発時間も色々あるようで、いちがいにも言えませんが。

2、メラトニンという物質があります。一種の睡眠ホルモンのようなもので、夜の服用では位相が前進するようです。また、服用すると睡眠が持続します。日本では睡眠障害などの病気の治療に利用されている処方薬です。海外では、薬局で処方箋なしでも手軽に買える国が多いようです。

3、睡眠導入剤、睡眠薬は、生体リズムに対する作用はないようですが、時差による入眠障害や睡眠の質の向上目的では利用する方もあるようです。最近、医療上の必要がない限り、健康のためには、このような薬(代表格はベンゾ系のお薬)をできるだけ使わないようにする傾向があります。

4、運動は、睡眠の質の改善や太陽光を浴びるということから、有効かもしれません。

5、アルコールは、適量ならリラックスや入眠を促す意味で良いかもしれませんが。あまりお勧めしません。睡眠リズムが乱れる要因になるかもしれません。また、一時的に交感神経を抑制しますが、酔いがさめてくると変な時間に目がさえてしまうかもしれません。時差ボケ目的の飲酒はお勧めしません。注意が必要でしょう。

6、その他、基本事項になりますが、余裕を持ったスケジュールは必須です。また、ビタミンB12が光の感受性を高めるので再同調に有効という報告を読んだことがあります、帰国後はお試しあれ。

当方は時差ボケなどを専門に扱っていませんので、聞きかじりの知識で取り留めなく記載しましたが、夏の旅行シーズンでもあり参考になれば幸いです。

松永クリニック 

posted by 院長 at 01:33| 院長の『徒然日記』